コラム

 公開日: 2011-07-28  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話112≪打ち上げ花火と供養≫

晴れの国」岡山の夏の夜空を美しく彩り、老若男女の喝さいがこだまする、県下各地での花火大会。それは、日頃の慌ただしさや節電によるストレスを忘れさせてくれる、大変ぜいたくなひと時でもあり、格好の避暑でもあります。
そして、故郷をこよなく愛する人々により、長い間受け継がれてきた、郷土の伝統行事でもあり、夏の風物詩でもあります。

平成13年に、「岡山桃太郎まつり」「岡山夏祭り・うらじゃおどり」「納涼花火大会」がいっしょになり、「岡山桃太郎まつり」となって、もう10年にもなりますかね。


ところで花火が日本にもたらされたのは、鉄砲伝来の頃だといわれています。鉄砲も花火も、キーワードは「火薬」ですから、なるほどと頷けますね。

最初は、例外なく一部のお金持ちの、この上ない贅沢な娯楽だったのでしょうね。
そして、それが徐々に、一般庶民の生活水準の向上や文化の発展等に伴い、庶民にも普及したというのが有力な説のようです。

ただその頃は、今のように轟音と共に、華麗な大輪の花を咲かせる打ち上げ花火ではなく、「線香花火」みたいな感じのものだったと推測されます。
そして、1730年代に、ついに「打ち上げ花火」が登場します。

ただこの打ち上げ花火、「打ち上げられた目的」が、今の娯楽中心の花火大会とは大いに異なる所です。皆さんは、どのように想像されますか?

日本史のお好きな方は容易に想像されると思いますが、1773年(享保18)に西日本で大飢饉が発生しました。享保の大飢饉です。
さらに、江戸ではコレラが大流行しました。
西日本の飢饉と、江戸のコレラで多くの尊い人命が失われました。

そこで当時の将軍徳川吉宗は、亡くなった人々の霊を慰めることと、蔓延しているコレラの封じこみを試みたわけです。

このコラムでも依然触れましたが、当時は、先祖の霊を、火を焚いて迎えたり、見送ったりする風習がありました。盆の「迎え火」「送り火」、正月の「ドンド焼き」がそれですね。
また、悪霊や鬼などは、「強い臭い」や「大きな音」を嫌うとされていました。菖蒲、鰯の頭等がそれですね。
これに加えて、夏は食中毒が発生したり、疫病が蔓延する時でもあります。

そこで、徳川吉宗は、1773年の夏、隅田川で、大きな打ち上げ花火を挙げたわけです。
いまでも、ご先祖の霊をお迎えするお盆の頃に花火大会が多いのは、その名残のようです。


先日、テレビで、ソマリアが干ばつによる大飢饉に陥り、多くの餓死者が出ていたニュースを見ました。ソマリアはこれに内戦が絡んでいるからなお複雑です。また、地球上の人口69億人中、飢えと戦っている人が何億人もいるという事実も見逃せません。
東北地方の惨事も、まだまだ終息のめどはたっていません。

浴衣や着物を着て、うちわを持って、美味しい生ビールの飲みながらの花火見物は、日本人の心に強く響くものがあり、最高の娯楽です。
岡山の花火大会しかりです。名城「烏城」をバックにした、大輪の花火は、ダイナミックで荘厳です。観衆を圧倒させる魅力が有ります。仕掛け花火も見る人全てを魅了します。

今年の花火大会を充分楽しんでいただいたら、花火の歴史的背景や、地球上には、飢餓に苦しんでいる人達が多くいるという事実にも、思いをはせたり、思いやりの心を発揮してみられるのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1508《改めて考えてみたい「終活」の意義と意味》

【はじめに】最近やたらと「活」がつく言葉が氾濫している気がします。「就活」「婚活」「恋活」「離活」「産...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1507《感性が磨かれる秋立ちぬ頃》

中山間地域に住んでいると、厳しい暑さが続く中にも、この時期になるとトンボが飛び交い、朝晩の風に心地よい涼し...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ