コラム

 公開日: 2011-07-24  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話110≪気配りと心配りは違うの?≫

昨年は「無縁社会」が大きな課題になりました。今年は「震災」に遭いました。
このような状況下で、改めて「絆づくり」「思いやりの心」「結婚の必要性」が浮上しているようです。
いずれも「気配り(気遣い)」「心配り(心遣い)」が大切です。

これらの言葉、日頃よく耳にしたり、口にしたりしますが、その違いをご存知でしょうか?
辞書には「気遣い⇒あれこれと気おつかうこと。心づかい」
    「気配り⇒手抜かりのないように注意すること。心づかい」
    「心遣い⇒あれこれと気おつかうこと。心配り」
    「心配り⇒気おつかうこと、気づかい、こころづかい」
とあり、明解な使い分けは、これからは判断しづらいですね。

それでは、具体的な使い方を見てみましょう。
○全てのお客様には《気遣い・気配り・心遣い・心配り》をして下さいね。
○あなたのとった行動は《気遣い・気配り・心遣い・心配り》に欠けている。
○失敗しないよう、くれぐれも《気遣い・気配り》して下さいね。
○温かい《心遣い・心配り・気遣い》誠にありがとうございました。
の、ようになり、これでもはっきりと理解できませんね。

要は、これらの言葉を発する側が、どんな意図を持っているかだと思います。
職場で使用する場合は、全員が、どのような意味でその言葉が使用されたのか、きちんと共有することが大切だと思います。
例えば、上司が部下たちに、お客さんには常に「気配り」「心配り」するようにといっても、これは具体性に欠けると思います。

同じような事が、「エチケット」「マナー」でも言えます。
職場では「常にエチケット、マナーを守って下さい」と言っても、エチケットとはなに?マナーとはなに?どう違うの?ということになります。
言葉の意味を理解し、言い方を決めた方がいいですね。


ちなみに私の場合は、「気配り=気遣い」と「心配り=心遣い」として、「気配り(気遣い)」と「心配り(心遣い)」を分けて使用します。
例えば、結婚披露宴の仕事をする時、「気配り」は、フォーク・ナイフやグラス類が間違いなくセッティングされているか否か、引き出物は正しく配られているかどうかについて注意することです。これはお金のうちですね。間違えたらこちら側の責任になります。早い話、気配りとは、不都合や失敗が生じないように気おつけることです。必要に応じてマニュアル化も可能です。アルバイトの人もキャプテンクラスの人も全員に課せられます。

一方、「心配り」は、新郎・新婦等への精神的な配慮です。新郎が、キチンと新婦をエスコートできるか否か、お披楽喜に当たりお礼の言葉をキチンと言えるか否かを心配してあげることです。これはお金には関係ありません。新郎が新婦をエスコートできるか否かは、こちらのせいではありません。当然マニュアル化できるようなことではありません。要は、相手をいかに思いやられるかですね。親が子どもに持つ無償の愛情のようなものです。気配りより高度な配慮を要求されます。アルバイトの人に求めるのは無理です。

従って、人間関係を良好にするには、「気配り」より「心配り」の方が大切なようですね。そこで、もう少し詳しく「心配り」について解説しておきます。

○心配り(心遣い)のポイント
・常に相手に対し、思いやりの心を持つ
・相手の負担にならないように、さりげなく発揮する

○心配り(心遣い)が出来るようになるには
・相手に関心を抱く
・相手をよく観察する

気配り、心配り、気遣い、心遣い等のように、言葉に不必要にとらわれる必要はないと思いますが、相手に対するちょっとした思いやりが、時として相手のハートを射止めることにもなります。次回もこれに関連したお話です。









この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1396《どうしても嫌な人との接し方》

日本は世界屈指の長寿国です。つまり世界で一番長い気が出来る国ですが、問題は長生きを競うより、長い人生をい...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ