コラム

 公開日: 2011-07-20  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話108≪鰻の旬、本当はいつ?≫

日本の伝統行事の中には、売上アップのために意識的に作られたものも多々あります。その走りが、江戸時代に平賀源内が推奨した土用の丑の日に食す鰻ではないでしょうか。
昨年は「暑気払い!鰻もいいけど甘酒もね・・・」というタイトルでコラムをお届けしましたが、今年はまた別の角度から鰻に触れてみます。

夏バテ防止に鰻が良いというのは、万葉の頃から庶民にも定着していたようで、それを商売の閑散期に利用した源内の発想は実に素晴らしいと思います。

私も、高校時代までは、夏と言えば、高梁川で、鰻や鮎等を捕っていました。
その頃は、鰻や鮎等はまだ養殖という概念はなく、天然モノが当たり前の時代でした。
従って私たちの舌は、いわば、本物の味で鍛えられてきたわけです。
しかし、今は全く様子が異なりましたね。

今、これだけモノが豊富になりましたが、天然の鮎や鰻を食せる人がどの位おられるでしょうか?そして鰻にせよ鮎にせよ、養殖モノと天然モノの、味の違いがわかる人がどの位おられるでしょうか。少し気になる所です。

ところで現在、日本の市場に流通している鰻は、殆ど養殖モノで、天然モノはごくわずかです。しかも、その天然モノの鰻も、高級料亭とか旅館などに買われてしまうので、口にするのは大変難しそうです。自ら、川や池で捕れば別ですが・・・。
ということで、今は、鰻のかば焼き=養殖の鰻のかば焼きといっても過言ではないようです。

しかし、其の養殖の鰻も高くなりました。
養殖ウナギの元になる「シラスウナギ」が品薄ですから、恐らくこの傾向は当分続くでしょう。しかも、今回、福島肉牛の放射能汚染疑惑で、消費者の牛肉離れがそれに拍車をかけるかもしれませんね。
一人前だけならまだいいですけど、大家族ですと大変です。
我が家はあまり鰻にこだわりませんので、かば焼きが欲しくなったら、鰻も食べますが、他にも秋刀魚・鯵・アナゴ等色々な味を楽しみます。
これが意外に美味ですよ。
そして、ビールや焼酎や冷酒にもとてもよく合います。

昔から、日本人は、松茸、数の子、ウニ、蟹、鰻などを過大評価する傾向に有ったと思います。更にその心理をうまく利用して、売る側が巧みな戦略を展開し、その時期になればそれらを食べなくてはならない気分に仕立てたと思います。
需要が集中するので価格も当然高くなる。無理が生ずる。これは感心しません。
勿論、多種多様な価値観が有ってしかりで、一概には言えませんが・・・。

不必要にブームに流されるより、賢い選択、賢い食べ方をお勧めします。
世界一飽食の国になっている今の日本には、鰻の変わりは結構あります。
問題は、調理の腕前です。出来合いの鰻のかば焼きではなく、それに替わる料理が、家庭の台所で作れるお母さんは素敵です。

また、味覚を磨くこともとても大切です。
特に日本は四季に恵まれ、それぞれ旬の食材が豊富な国です。旬の味覚は人を幸せにしてくれます。それが充分理解できなかったら勿体ないことです。
そして、それぞれの食材の旬を正しく理解し、調理に創意工夫を凝らし、美味しく食べてあげることこそ、食材に対する大切なマナーではないでしょうか?

ちなみに、天然の「鰻の旬」をご存知でしょうか?
夏ではありません。秋から初冬にかけてです。

以前テーブルマナーのコラムで、家族がハッピーで有るには食卓が大切だと申しました。
食卓を「憩いの場」「成長の場」にするには、それなりの知識・知恵・努力が必要です。
土用の丑の日の食卓に、鰻のかば焼きはなくとも、家族が共に揃い、明るく楽しく食卓を囲むことで、真のハッピーを自覚出来ることが、なにより大切ではないでしょうか。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1468《大切にしたい「言葉のお洒落」と「敬語」①》

日本は国土の7割以上を山で覆われていますが、「山笑う頃」から「山滴る頃」は緑のグラデーションが一番美しい時...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1467《マナーに存在する原則と例外》

日本には世界屈指の年中行事が有ると言われていますが、地域により様々です。慶事や弔事のしきたりもそうでしょ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1466《農の心を大切に!5月21日は二十四節気のひとつ「小満」》

気温が上がり一段と緑が濃くなってきました。5月21日は二十四節気のひとつ「小満」です。二十四節気の中...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1465《大切にしたい「その場の空気を読んだ」立ち居振る舞い》

大人として「してはいけない振る舞い」、「すべきではない振る舞い」は多々あります。特に女性は・・・。しか...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1464《賢い休養のお勧め》

四季が明確に分かれて、それがゆっくり移り変わる日本では吹く風にも豊かな感性を働かせました。丁度今頃に吹...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ