コラム

 公開日: 2011-07-16  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話106≪真に魅力的な人とマナー≫

例えば、その人がそこにいるだけで、その場が明るくなったり、雰囲気が和らいだり、あるいは思わず見とれてしまったり・・・。そんな魅力的な人に、33年間のホテルマン生活を通じ多々出会うことができました。そして多くのことを教わりました。感謝!です。

人にとって、外見的な魅力はとても大切です。だからいくら暑くても、「クールビズにすればいいものではない」と申しました。しかし、場を明るくしたり、和やかにしたりするには、内面的な魅力も加味されなくてはいけません。

そこで今回は「内面的な魅力アップ」のお話です。
内面的な魅力をアップする最適な方法として、素敵なマナーを修得する事をお勧めします。
何度も申しますが、マナーとは「思いやりの心」「感謝の心」「尊敬の心」と、それを「言葉や態度で表現したもの」です。そして、その表現の仕方は、その国々の歴史、風土、国民性、宗教等により異なります。また不易流行的側面も有しています。

今、巷にはマナーの本がたくさん出回っています。どちらかといえば「学生のため」「新入社員のため」「若い女性のため」に書かれた本が多いようです。
しかし、マナーは先ず、指導的立場に有る人、教育に携わる人、子育てに携わる人、経営に携わる人等が身につけるべきものです。
日本でも西洋でも、上位者から下位者に広まっています。

加えて、「形」の前に「心」ありきです。
「形」には、なぜそうなるのか、合理的理由が例外なく存在します。
これを正しく理解し、実行に移すことが理想です。
それが出来る人が、今回のテーマである、真の意味での「魅力的な人」だと思います。

○食事の時、なぜ「頂きます」「ご馳走様」というのか、なぜ「箸を正しく用いる」必要があるのか?
○人と会う時、なぜ「化粧」しなければいけないのか?
○人と会った時、なぜ「挨拶」しなければいけないのか?日本人はなぜ「頭」を下げるのか?西洋人はなぜ「握手」をするのか?そしてそれらの挨拶にはどんな意味が有るのか?○結婚式の時、なぜ「オメデトウ」と言うのか?なぜ「玉串」を奉奠するのか?
○葬式の時、なぜ「香典」を包むのか?なぜ「黒い服」を着用するのか?
○電車に乗っている時、なぜ「化粧」してはいけないのか?
それらの「なぜ」を理解することが大切です。
「皆がしているから私もする」ではなく、「こういう理由だからこうする」というのが本来あるべき姿だと思います。

この意味を理解しないで、形にばかり捉われていたのでは本末転倒です。
しかし、これらの意味を一つ一つ理解し実行に移せば、人間に深みが出てきます。
上に立つ人や指導的立場に有る人はこうでなくてはいけませんね。

ちなみに、普段何気なく使っている「今日は!」という言葉が有ります。これは、本来は「今日はご機嫌いかがですか」と言うべきところを、短縮して「今日は」としています。従って、この意味を理解したうえで、率先して笑顔で挨拶が出来れば、挨拶に心がこもるし、その人の人間的魅力が増してきます。

ついでにもう一つ。「畳の縁を踏むな!」。この真の意味お分かりですか?
マナーは「思いやりの心」だと申しました。畳の縁を踏むな!は命令口調です。思いやりの心ではありませんね。
実は、昔は名門の家ほど畳の縁は家紋を施したり、綿を敷きつめたりで、今よりかなり高かったそうです。そしてその当時、モノを運ぶ時には、相手により、持ちあげる高さが決められていました。腹の高さ(腹通り)、乳房の高さ(乳通り)、肩の高さ(肩通り)、目の高さ(目通り)まであげるように・・・。

この家の主人の食事は、お女中が「箱膳」をうやうやしく目の高さまで上げた状態で運んできますので、前が良く見えません。高く盛り上がった畳の縁でけつまずく恐れがあります。だからそれを注意するために作られたのが本意のようです。他に諸説ありますが。

結論です。一つ一つの礼儀の意味を理解し、それを正しく表現できる人こそ、皆から信頼される本当に魅力的な人であり、教養人です。また幸せを運んでくれる人でもあります。
皆さんの周りには、どんな魅力的な人がいらっしゃいますでしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

マナーうんちく話1671《厳格に執り行われた?武家社会の結納と婚儀》

日本は四季に恵まれ農耕文化で栄えた国で、自然との共生も大切にしましたが、意外に昔から恋愛や結婚にはおおらか...

[ 結婚のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ