コラム

 公開日: 2011-07-12  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話104≪コーヒーの出し方・飲み方≫

一人で楽しむ。大切な人と共に楽しむ。そして商談や会議の時等など。コーヒーはすっかり生活の一部になっていますね。自由に楽しむことも大事ですが、相手に心地よいひと時を過ごして頂くことも大切にしたいものです。

■コーヒーの飲み方のマナー
○美味しく・楽しく飲む
なんといっても、コーヒーを淹れてくれた人や運んでくれた人に感謝しながら、熱いうちに、美味しく頂くのがなによりのマナーです。

○コーヒーカップの持ち方
2通りあります。カップの種類や大きさにより、持ち方を変えられてみては如何でしょうか。
大きめなカップで、装飾が施されてないカップは、取っ手に親指、人差し指、中指をかける形で持ち、薬指・小指で取っ手を押さえます。一般的な持ち方です。
デミタスや装飾が施されているカップは、指を揃えて取っ手をつまむようにして持ちます。

○スプンの置き方は?
最もよく聞かれる質問です。コーヒーはスプンを使用して、かき回したら、柄を上むきに、右側にしてソーサーの向こう側に置くというのが通説ですが、手前においてもOKです。

○テーブル以外でコーヒーを飲む時は?
立食パーティーやサロン等でのコーヒーの飲み方は大切ですよ。ポイントは、ソーサーを左手で持って、右手のカップでいただきます。要はテーブル以外ではソーサーを持つということを覚えておいて下さい。飲み終わったら、ソーサーに乗せて持ち歩きます。
ちなみに、同じ皿でも、受け皿の事を「ソーサー」、直接料理を載せる皿の事を「ディッシュ」と言います。またカップにも色々な形が有りますが、特に紅茶用のカップは、口が広く浅いのが特徴です。これは光を一杯に受けて、紅茶の色を美しく見せるためです。

■コーヒーを提供する時のマナー
○お客さんに喜んでいただくためのポイントは、手間暇を惜しまないことです。ちょっとした心配りが大切です。例えば、カップを温めるとか、シュガーポットやミルクピッチャー等を使用するとか、カップにこだわるとか等などですね。笑顔も添えて下さいね。

○コーヒーの量
コーヒーカップの8分目を目安にして下さい。

○カップとスプンの位置
ソーサーの上にカップを乗せる時、取っ手部分は右側でも左側でもどちらでも構いません。ただ、一般的には、デザインはお客さんから見て、右側に取っ手を持ってきた方が美しく見えるように描かれている場合が多いようですね。私は、カップの取っては右側に、スプンハは取っ手が右で、カップの前に置くようお勧めしています。

○コーヒーとケーキを一緒に出す時
コーヒーが右、ケーキは左に置きます。ケーキはお客さんに美しく見えるように置いたらいいです。チーズケーキやイチゴのケーキなど、尖った方が左側になります。

○アイスコーヒーの出し方
暑い国でも、基本的にはコーヒーは温かい飲み物です。
「アイスコーヒー」は日本で生まれたそうです。そのせいか、コーヒーを注文する時、オーダーする方が、ホットかアイスかを告げますね。夏にホットコーヒーかアイスコーヒーか?好みはまちまちです。出来ればお客さんの好みをきいてあげるのがいいですね。
アイスコーヒーは、最初に、お客さんの前にコースターを置きます。その上にアイスコーヒーを置きます。この時、グラスの一番下の部分を持つことが大切です。シロップやミルクは右側に揃えて置きます。ストローは箸と同じように手前に置きます。

ちなみに「ストロー」は麦藁(むぎわら)のことです。昔は今のようにポリプロピレンのようなプラスチック製の物はなかったので、冷たい飲み物は、麦藁を使用していました。

コーヒーにまつわる逸話は多々ありますが、元々はイスラム教の僧侶の眠気覚ましの薬だったようです。日本には江戸時代に入りましたが、普及したのは明治になってからです。日本茶の歴史よりはかなり新しいですが、今やコーヒーは日常生活にすっかり密着しています。マナーも大切ですが、一緒に美味しいコーヒーを飲む相手がいることに感謝して下さい。一人暮らしの人にはtea-friendを作られることをお勧めします。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ