コラム

 公開日: 2011-07-10  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話103≪コーヒーのマナー①≫

食事のマナー27「食事の締めくくりを大切に!」

今まで数えきれないくらいのテーブルマナー講座を実施してきて、一番質問が多かったのが「コーヒーに関する質問」です。今や日本茶より親しみ深くなってきた感が有ります。
そこで、コーヒーの豆知識、楽しみ方、サービスの「仕方・され方」の解説をいたします。
「フルコース後のコーヒー」と「一般的な場合」に分類しておきます。

■フルコース後のコーヒーの知識とマナー
○エスプレッソ
フルコース後のコーヒーは、「エスプレッソ」が多くなってきました。これは大変焙煎の強いコーヒー豆を細かく挽いて、高圧の蒸気で、その名の通り短時間(急速に)で淹れたコーヒーのことです。胃の働きを高めてくれる効果が有ります。カフェインも少ないので食後には最適です。1990年代後半位からでしょうか、根強い人気が有りますね。
勿論従来通りの物もあり、店により様々です。

○デミタスカップ(demi-tasse)
フランス語で、デミは半分、タスはカップの意味です。Demiは本来ドゥミと発音します。
フルコースでは、デザートに入る前にチーズがワインと共に供される場合があります。
そうでなくても量が多いのに、この上チーズまでとなったら、食後のコーヒーは大変負担になります。そこで「濃い目のコーヒーを少なめに!」と用意されるのが「デミタスコーヒー」です。それにはエスプレッソコーヒーが最適だということです。

○カップの持ち方
デミタスに限らず、カップなどにはとても繊細な装飾が施されています。このような場合は、指先を揃え、つまむように持たれるのがお勧めです。ちなみに欧米諸国や日本でもそうですが、名門と言われる食器の老舗は、長い歴史と文化、そして多彩なエピソード等が多く存在します。ただ有名なブランド名だからというのではなく、それらの文化性やエピソードなどにも思いをはせて見られては如何でしょうか?銀器類・グラス類しかりです。

○サービススタイルに合わした対応を
一般的に、料理は右から、飲み物は左からサービスされます。
ワインやコーヒーは飲み物になりますので、右側からサービスされます。先に目の前にコーヒーカップだけがおかれます。柄が施されていればその柄が当然正面に来ています。先ずその柄を味わって下さい。その後コーヒーポットでコーヒーカップにコーヒーが注がれてきます。この場合、通の人は状態を少し左に傾けて注ぎやすくしてくれます。お客さんがサービス係に対して、「思いやりの心」を発揮しているわけです。
勿論注ぎ終わった後には、「ありがとうの言葉」を添えていただきたいものです。
この言葉を出せる人は、「品のある人」ですね。

○ミルクと砂糖
砂糖やミルクは一人前ずつカップについている時と、シュガーポットやミルクピッチャーに入った状態の時があります。生ミルクがキチンとミルクピッチャーに入った状態は良いサービスです。この時は、自分が使用したら必ず次の人に「どうぞ」と声をかけ、まわして下さい。砂糖もしかりです。この「思いやりの言葉」がとても大切です。

○コーヒータイムにどんな会話ができますか?
最高に会話が盛り上がるのがデザートからコーヒータイムにかけてです。
カップルなら、「あなたとこのような至福のひと時が持てて最高に楽しかった!」。
この様な言葉を発することが出来ればいいですね。
更に3人以上の食卓で有れば、食卓にいる全員の「共通する楽しい話題」で盛り上げて下さい。このような話題の話が出来る人が教養のある人だと思います。

○最後に「最高のマナー」を伝授します。
レストランは、美味しい料理を楽しく提供してくれるところです。そのためには、コック・ウエイター・ソムリエ、更に皿洗いの人、清掃係りの人等、多くの人が「おもてなしの心」発揮してくれます。そう考えると、「美味しかった」「楽しかった」「ありがとう」などの言葉は、何回発してもいいのです。出し惜しみしないでドンドン発して下さい。
ちなみに、結婚式の時には「オメデトウ」の言葉を発しますが、この言葉もそうですよ。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ