コラム

 公開日: 2011-07-06  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話101≪グラスと貴婦人の乳房≫

食事のマナー25、「グラスの知識とマナー」
{シャンパングラスはマリー・アントワネットの乳房の形?}

前回のカトラリーに続き、今回は「グラス」を取り上げます。
洋食は酒類が多種多様です。
酒の種類は、製造方法としては「醸造酒」(日本酒・ワイン・ビール等)、「蒸留酒」(ウイスキー、ブランディー、焼酎等)、「混合(成)酒」(リキュール等)に分類されますが、飲むタイミングで「食前酒」、「食中酒」、「食後酒」に分けられます。いずれにせよ、それにふさわしいグラスが存在します。今回はグラスの知識やマナーに触れてみます。

○グラスの形
・グラスに、足が付いているものと、付いてないものがあります。
・グラス部分が、横に広がった平型と、縦長のフルート型と、丸くふくらんだバルン型があります。

○グラスの用途別
・「ゴブレット」と呼ばれるセットされているグラスの中でも一番大きなグラスです。水やビールが注がれます。
・「タンブラー」はゴブレットと同じような目的で使用されます。通常の「コップ」です。
・「赤ワイン用グラス」。
・「白ワイン用グラス」。
・「カクテルグラス」・「ウイスキーグラス」・「ブランディーグラス」・「リキュールグラス」
・「シャンパングラス」は平型とフルート型が有ります。
フルート型はレストランなどで主に使用され、シャンパンの泡が立ち込めるのが良く解り根強い人気があります。平型は宴会などでよく使用されます。結婚披露宴でお目にかかった人も多いと思います。

ところで、西洋の歴史を語る上で避けて通れない人物に、マリー・アントワネットの存在が有ります。14歳でフランスに嫁いだオーストリアの皇女で、数多くのエピーソードが有るのはご存知の通りです。例えば、7歳の時モーツアルトから求婚されたとか、ハンカチを正方形の形に決めたとか・・・。
そして平型のシャンパングラスの形は、実はマリー・アントワネットの左の乳房からとったという有名な伝説もあります。いつか、そのグラスで乾杯するような機会が有れば、是非話の話題にしてみて下さい。
22年1月に岡山県立美術館で開催された、「華麗なるオーストリア大宮殿展」をご覧なられた方も多いと思いますが、マリー・アントワネット、魅力的な人でしたね。そして結構豊かな胸をされていましたね。となると、シャンパングラスは幾つくらいの時の乳房だったのでしょうかね?

ちなみに、1本のシャンパンから、どの位泡が出ると思いますか?
定かではありませんが、約2億位だそうです。これもネタになりそうですね。
またシャンパンの泡はすぐに消え失せますが、ビールの泡は持続性があります。

○産地別のワイングラス
フランスには、世界的に有名なワインの産地が沢山あります。ボルドー、ブルゴニュー、プロバァンス等など。そしてその地域で作られたワインを最もおいしく飲めるように、それぞれの地域で、それぞれの形をしたワイングラスが有ります。

○グラスの持ち方
・ワイングラス、リキュールグラス、シャンパングラスなど足つきのグラスは脚の部分をしっかり持つことが基本です。
・タンブラーなどはグラスの上の部分は口をつけるので、基本的にはグラスの下の部分をしっかり持ちます。

○グラスにもマナーを
・日本酒用のぐい飲みと異なり、ワイングラスやシャンパングラスはとてもデリケートに出来ています。大切に扱ってあげて下さい。このようなグラスで乾杯する時、基本的には、グラスとグラスはあわせません。でも隣の人から求められたら優しく合わせてあげて下さい。ちなみに、乾杯の時、グラス同士を合わせるのは「ビアグラス」くらいです。
・家庭でグラスを使用された時、当然使用後は洗わなくてはいけません。グラス専用のスポンジでいったん洗い、その後60度から70度位のお湯に通して下さい。さらに、グラスを拭く時は麻の布がお勧めです。

マナーには「人に対するマナー」「目に見えないモノに対するマナー」、そして「物に対するマナー」が存在します。美味しいワインやシャンパンを飲んだ後、そのグラスにまで、思いやりの心を発揮できる人はハッピーな人です。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

43

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

マナーうんちく話1671《厳格に執り行われた?武家社会の結納と婚儀》

日本は四季に恵まれ農耕文化で栄えた国で、自然との共生も大切にしましたが、意外に昔から恋愛や結婚にはおおらか...

[ 結婚のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ