コラム

 公開日: 2011-07-02  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話99≪七夕と願い事のマナー≫

マナーうんちく話99《七夕と願い事のマナー》

今年も早、半分が過ぎ、いよいよ7月、「文月」ですね。
昨年は、天の川を挟んで繰り広げられる、織姫と彦星の七夕に関するロマン伝説をこのコラムで取り上げましたが、今年はまた別の角度から七夕をとらえてみたいと思います。

今年は、不景気、就職難、結婚難などに加え、地震、津波、原発事故によるトリプル災害に見舞われた関係で、特に多くの場所で、短冊に願い事を書いて吊るすところが多いのではと思います。
また、日本人なら殆どの人が、保育園・幼稚園・小学校・地域・商店街・イベント等々でこのような経験をお持ちではないでしょうか。

ではなぜ?笹の葉に、短冊に願い事を書いて吊るすのでしょうか?
そして、どのようなお願いをしたらよいのでしょうか?


それは、7月7日に、女性が裁縫の上達を願い、美しい糸を、5本の針に通して祈った、中国の「乞巧でん(きっこうでん)」に由来するといわれています。文字通り、巧みになることを乞う儀式ですね。
なぜ裁縫の技術の上達を願ったのかと言えば、昨年の7月7日のコラムで取り上げましたように、織姫にあやかったからという説が一般的です。

ところで、織姫と彦星のラブロマンスの歴史は古く、中国における2000年前位の物語だそうです。それが1200年位前に、唐から日本に伝わり、万葉集にも130種以上七夕に関する歌が詠まれているそうですね。

そして明治以降になると、唱歌にも登場してきます。
1番「ささのはさらさら のきばにゆれる おほしさまきらきら きんぎんすなで」
2番「ごしきのたんざく わたしがかいた おほしさまきらきら そらからみてる」
歌詞は以上です。謳われた経験もお有りだと思います。
では、この歌詞の正式な題名をご存知でしょうか?
正解は「たなばたさま」です。

ところで1番で、「笹の葉」と歌っていますが、それは、笹の葉(竹)は古来より、松や柳などと共に、神聖な植物としてとらえられていたためです。
また2番では、「五色の短冊」と表現されていますが、元は五色の布だったそうですが、それは高価なので、やがて紙の短冊になりました。
さらに5色にもそれなりの理由があり、それについては諸説あります。
青、黄色、赤、白、黒(紫)の5色で、それぞれ、「人の守るべき仁・礼・信・義・智を表す色」だとか、「織姫・彦星・さそり座・天の川・夜空の色」だという説が存在します。

色々なことに触れましたが、基本的には、裁縫の技術、そしてそこから派生して文字や文学の上達を祈願する行事が七夕ですね。
今時のことですから、裁縫の技術の向上を願う人は少ないとしても、せめて習字やそろばん、踊りのように学業や芸事全般の願い事で有ってほしいものです。
「イケメンやベッピンに出会えますように」とか、「宝くじに当たりますように」とかは感心できません。願い事の内容が習い事などに特定されるわけですね。

そして家庭では、6日の夕方に飾り、7日の夜に取り下げます。最も、保育園、幼稚園、商店街などでは早くから飾りますが、せめて取り下げる時くらいは7日の夜にしたいものです。

そして、取り下げた笹や短冊は、本来は、海や川に流すと願いが叶うとされていました。
今から40年前頃まではそのような習慣が残っていましたが、次第に環境汚染が深刻になるにつれ、このような習慣は消え失してしまいましたね。
そして最近では焼却し、願い事を火に託します。
時代と共に、「水」から「火」へと正反対になったわけです。

時代の流れだと言ってしまえば元も子もないですが、何百年も何千年も続いている伝統行事です。出来る限り本来の意味にそぐいたいものだと感じます。
そもそも環境汚染で本当に怖いのは、カドニウム汚染や放射能汚染のはずです・・・。
本質を間違えてはいけませんね!

ちなみに7月のことを「文月」と表現するのは、7月7日の七夕の日に、牽牛・織女の星に、短冊に詩歌を書き、それを供えたことに由来するという説が有力です。
願い事を詩歌に託す!
昔の人は本当に情緒が豊かだったのですね。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ