コラム

 公開日: 2011-06-27  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話97≪洋食とナプキン≫

マナーうんちく話97《洋食とナプキンのマナー》

食事のマナー22、「ナプキンをもっとお洒落に・・・」

中世のヨーロッパの食卓は、お世辞にも優雅だったとはいえないようです。戦争に明け暮れていた史実から考えれば頷けることですが・・・。
競い合いながら、鷲掴みで、なりふり構わず。そんな風景が目に浮かびます。
そして中世に残った数少ない食具に、テーブルクロスとフィンガーボールがあります。

テーブルクロスの歴史は大変古いですが、当時はテーブルが汚れるのを防ぐために使用されたのではなく、食卓を囲んでいる人達の服や手の汚れを取るためだったそうです。しかし、そのクロスを皆で共有していたのでは使い勝手が良くないので、やがてそれを個々に切り取って使うようになったのが、ナプキンの由来だといわれています。

○ナプキンとブローチ
日本の懐紙と同じように、ナプキンは西欧の上流階級の人達の間で普及したものです。そして彼らは、ベートーベンやモーツアルトなどの肖像画でもわかるように、大変お洒落をしていました。その美しい服が汚れてはいけないので、ナプキンで覆うわけですから、大きさも相当大きかったようですね。
そしたら折角のお洒落が目立たなくなります。そこで当時の貴族階級の人達は、そのナプキンを止める小物にこだわりました。これがブローチの由来で、家紋を施したり、宝石をちりばめたりして、贅を尽くしたわけです。

従って今でもヨーロッパの貴婦人たちのお洒落のポイントは、ブローチに有るそうですよ。
洋服に合わせてブローチを求めるのではなく、ブローチに合わせて洋服を作るそうですね。また、パーテイーの内容、出席者の顔ぶれにより、ブローチにも格式を設けたという話を聞いたことがあります。

○家紋とナプキン
ブローチで止めるスタイルは次第に薄れて行きましたが、ナプキンに家紋を入れ、客人をもてなす習慣は今でも残っています。日本のホテルでも、皿・グラス・テーブルクロス・ナプキンなどにもそのホテルの家紋が施されています。

余談事ですが、そのナプキンに紐をつけたのが「エプロン」です。
また、ナプキンでは落としきれない汚れを、水で洗うために用意されたのが「フィンガーボール」です。

○ナプキンの知識と扱い方のマナー
・大きさ⇒純白の無地が正式とされ、約75㎝・55㎝・35㎝角があります。

・ナプキンの形⇒王冠や薔薇等が良く見かけられますが、結婚式などでは鶴・亀・結び昆布・扇等の形でお見かけしますね。シンプルに4つ折りにしたり、丸めたりもします。

・使用目的⇒服の汚れを防ぎ、手や口を拭いたりします。「懐紙」によく似ています。

・使用するタイミング⇒そろそろ料理が運ばれてきますよという時に、二つ折りにして膝に掛けるのがベターです。和服の時には、帯が汚れないように、一枚に広げて、帯にはさんでも構いません。ポイントは何と言っても姿勢です。
公式のテーブルでは、主品が取ってから取って下さい。

・中座する時⇒中座する時には軽くたたんで椅子の上に置いて下さい。椅子の上にナプキンを置くということは、「用事がすんだらまた戻ってきますよ」の意味です。

・終わった時⇒食事が終わったら、たたんでテーブルの上側に置けばいいです。キチンと畳まないようにして下さい。和食の「割り箸」を置く時にも箸袋に入れておきます。この時、「この割り箸は使用済みですよ」という意味を込めて、箸袋の端を少し折って入れます。これと同じ理屈です。「このナプキンは使用済みですよ」の意味を込めて軽くたたむ程度でいいです。この時も、ナプキンを置くタイミングが大切です。主品が置いてから置いて下さいね。よくわからなかったら、なるべく遅めに置いて下さい。帰る間際でもいいです。
皆より早く置いたら、「早く終わりたい」「早く帰りたい」と取られることもあります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ