コラム

 公開日: 2011-06-25  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話96≪西欧のテーブルマナー≫

マナーうんちく話97《西欧のテーブルマナー》

食事のマナー21、「洋食会場ではレディーファーストがお勧めです」

西欧のテーブルマナーに触れる目的は三つあります。
①西洋諸国の食文化の理解。
②フォーク・ナイフ、スプン、グラス類を正しく使用し、食を楽しむ。
③国際化が急激に進展する中、西欧のテーブルマナーを把握し、円滑なコミュニケーションに役立てる。等です。

■レディーファーストのお勧め
いきなりですが、ここで質問です!
ホテルのフレンチレストランに太郎と花子が行きました。太郎と花子は夫婦(恋人関係)です。レストランの入り口で、黒服(レストランの支配人orキャプテン)が、二人を席まで案内してくれます。この時、黒服のすぐ後ろを歩くのは太郎、花子のどちらでしょうか?

正解は花子です。
この時からすでに「レディーファーストの原則」に則っています。洋食の店では、店に入る時、席に就く時にはレディーファーストです。たとえ、物理的に太郎が後ろを歩くことになったら、太郎は花子が先に着席するのを立ったまま見届けます。
この時、黒服が最初に引いてくれた席が上座で、そこに花子が先に座るということです。
この時花子は遠慮してはいけません。大袈裟な表現かもしれませんが、女王様気取りで振舞って下さい。ありがとうの言葉をかけ、椅子の前に位置します。黒服が椅子を押してくれます。そのまま座り、姿勢を正します。
黒服がいなかったら、太郎が花子の椅子を引いてあげて下さい。
恥ずかしがらないことがポイントです。
花子は、太郎がレディーファースト心を発揮したら、それをすばやく察知して、ありがとうの言葉や笑顔で答えて下さいね。太郎も花子も慣れることが一番です。

■優雅な着席
椅子に入る時には基本的には左側から入ります。席を立つ時もしかりです。
長テーブルに大勢の人が座る時、ある人は左から、ある人は右から座ったのでは混乱をきたします。そこで、プロトコール(国際儀礼・外交儀礼)で、「椅子に左から入り、左から出る」というルールが決められたわけです。
このルールから言えば、女性のバッグも当然椅子の左側の床がいいですね。なを、バッグ類は間違ってもテーブルの上には置かないでくださいね。洋食のテーブルは皿の上と同じ感覚です。

ちなみに、黒服が椅子を引いてくれたら、1、椅子の左に位置する。 2、椅子の前に行く。 3、座る。この1、2、3拍子が優雅な座り方です。そういえば、和食で箸を持つ時も、襖を開ける時も、1,2,3拍子でしたね。
また、椅子と身体との間は、握りこぶし二つ半位が理想です。

■メニューの選び方のポイント
フランス料理が世界屈指の料理になった理由は、フランスの味覚教育も勿論ですが、フランス料理のソースに、その大きな要因があると思います。ソースの種類が多いということと、それらが美味だということです。私もホテル勤務中はフランス料理辞典と共に、ソース辞典も離せませんでした。それ位ソースが多くて、それらが殆どフランス語で表現されているので、理解できなくて当然。聴くのが一番です。

また「コース料理」はコレ下さいで済みますが、「一品料理(ア・ラ・カルト))は難しいですね。魚や肉料理一品だけでもいいですが、それらは、注文を受けて料理に取り掛かるので、かなり待つことになります。その前に「前菜」を注文されるのもお勧めです。

■飲み物の選び方
食前酒(アペリティフ)の選び方も難しいですね。居酒屋なら、「とりあえずビール」と言うのが相場ですが、フランス料理なら、シェリーらベルモット等もお勧めですが、正直いって普段飲み慣れていなかったら、あまり美味しいとは感じないと思います。
やはり、シャンパン、ワインがお勧めです。
料理のメニューとは別に、「ワインリスト」が出てきます。これをじっくり見て、どれにしょうか?等と、料理との相性を考えながら選ぶ楽しみが持てたら素晴らしいです。しかし、一般の人にはまず無理ですので、係(ウエイター・ソムリエ)の人に相談されるのがお勧めです。予算、白ワインなら甘口・辛口等、赤ワインなら「軽い」「重い」等の希望を述べればいいです。酒の種類・グラス・マナーなどについては後ほど触れて参ります。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1434《部下や後輩を呼ぶ時は「くん」か「さん」か、あなたはどちら?》

春を告げる花は日本には沢山ありますが、この時期は「辛夷(こぶし)」や「木蓮」でしょうか。桜のように大きな話...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1433《女性の社会進出とレディーファースト文化②》

日本では男性優位の生活が長かったので、女性は控えめが美徳とされていましたが時と場合によります。明治に入...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1432《女性の社会進出とレディーファーストの文化①》

桜前線や花見情報などこれからしばらくは桜の話題で盛り上がる時期ですね。科学が発達したおかげで最近では桜...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1431《日本の幸福度と教育と感謝の心》

全国のトップを切って3月21日に早々と東京で桜の開花宣言がなされましたが、これから順次「桜前線」が日本列島を南...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1430《中高年に課せられた高度なマナーとは?》

日本では「春は嵐と共にやってくる」といわれますが、西洋では「春はライオンと共にやってくる」と言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ