コラム

 公開日: 2011-06-23  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話95≪幸せのテーブルマナー≫

マナーうんちく話95《幸せのテーブルマナー》

食事のマナー20、「見習いたい洋食のテーブルマナー」

これまでは、和食のマナーについて解説してきましたが、今回から洋食のマナーについてお話を進めます。和食には精神文化を始め、世界に誇る礼儀・作法が多く存在しますが、それを充分に発揮できてないような気がします。また日本は、食の「安心・安全」には非常に敏感ですが、食を「楽しむこと」はとても苦手なようです。
西欧に学ぶことが多々あります。
私は、互いの良いところを融合させたら、さらにハッピーな暮らしが実現できるのではないかと考えております。


ところで、今、日本が、西欧諸国から一番見習いたいことは、「共に食卓を囲む大切さ」だと思います。家族が共に食卓を囲む大切さについては、何度も触れてきましたので、今さら詳しい説明は省略しますが、今の日本では、あまりにもこの点がお粗末だと痛感しています。勿論、そうしたくてもできない理由が、多く存在するのも事実です。

食べるために働いているのに、その食べるという行為に、無頓着すぎる気がします。
この点、西欧諸国では、「家族が共に食卓を囲むこと」と「食事を楽しむこと」をとても大切にしていますね。この2点は大いに見習いたいところです。

2009年に、国際宇宙ステーションのロシア人船長は、常にスタッフに、「どんなに仕事が忙しくても三度・三度の食事だけは皆で共にしよう!」と言い続けたそうです。
まさに、この精神ですね。

日本は、バブル全盛期の頃、便利さや物質的な豊かさを求め、多くのモノを犠牲にしながら懸命に働いてきました。「エコノミックアニマル(企業戦士)」と言う言葉も生まれました。私も企業戦士の一員だったと思います。
その結果、日本は素晴らしい発展を遂げ、世界中から注目されるようになってきたことは承知の通りです。飽食の国にもなりました。
得た者も多かったですが、失ったものも半端ではないような気がします。

中でも、仕事のために、家族が揃って、食事を共にする機会がめっきり少なくなりました。
私は団塊世代ですが、私たちが育ち盛りの頃は、家族揃って食卓を囲む回数は平均850回前後だったのが、現在は300回あるかどうかだそうです。
その結果、多くの矛盾が生じました。
夫婦や家族間において会話がなくなりました。離婚が増えました。子どものコミュニケーション能力が衰えました。挙句の果てには、なにもかも絆が失われ、「無縁社会」の言葉が生まれてきました。

私は、学生の就職面接指導も熱心に取り組んでいますが、会話が苦手な学生が目立って増えてきた感じがします。特に、挨拶や食事を共にする事がない家庭に、そのような学生が多い気がします。これでは、就職は難しいです。恋愛もそうです。

日本のみならず、西欧諸国も、近年大いに発展しましたが、これらの国は、「家族揃っての食事」まで、犠牲にしなかったですね。
ここが日本と大きく異なると思います。「スローフード運動」しかりです。
スローフードの理念は、地域の農業や伝統食を守ると当時に、「どんなに忙しくても食事くらいはゆっくり、皆で一緒にしよう」と言う考え方があるようです。時代の最先端を行く、国際宇宙ステーションの仕事にも、この考え方が生きているようですね。

西欧の「皆で共に食する」「食を楽しむ」と言う考え方と、日本の「感謝の心で食す」「美しく食す」という考え方が融合すれば、まさに鬼に金棒で、ハッピーライフ創造への一番の近道になるのではないでしょうか?






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ