コラム

 公開日: 2011-06-21  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話94≪人生とテーブルマナー≫

マナーうんちく話94《人生とテーブルマナー》

食事のマナー19、「なぜ、テーブルマナーは必要なの?」

6月も後半に入り、22日は二十四節季の一つ「夏至(げし)」です。昼間が最も長く、夜が短い日で、この日を過ぎると本格的に暑い夏がやってくるという意味ですね。
冬至にはカボチャを食べますが、夏至の食べ物は地域により様々なようです。
皆様の地域では如何でしょうか?
いずれにせよ、このような節目の時くらい、皆で楽しく食事をしたいものですね。

ここで、いままでの「食事のマナー」の纏めをしておきます。
以前、「お里が知れる」と言う話をいたしました。
食べ方を見れば、その人の、育った環境がわかるということです。
また、テーブルマナーは、「その人を映す鏡」ともいわれています。
食べ方を見れば、その人の人と成りがわかるということです。

食事の仕方は、小さい時からの、毎日の繰り返しにより、その人の習慣になっていくものです。成人になって、悪いところを直そうとしてもなかなかうまくいきませんね。
だから家庭で、親は子どもが小さい時から、テーブルマナーを教えることがとても大事ですよと申しました。

家庭での食卓は、家族と語り、家族と絆を深める、かけがいのない場です。
子どもは、ここで親からマナーを学び、人生について学習します。
子どもの価値観、人格なども食卓から形成されます。
コミュニケーションの基本も、食卓で、親や家族との会話の中で形成されます。
家庭の食卓が充実していれば、良好な家族関係が築けます。
逆なら不幸につながる恐れがあります。

そして、姿勢を正して食し、食前に「頂きます」、食後は「ご馳走様」が、ごく当たり前のこととして、家庭の食卓から自然に浸透していくのが、子どもがマナーを身につける出発点だと思います。

子どもが、このような基本的なマナーを家庭の食卓で身につければ、外に出て、ファミリーレストランでも、お好み焼屋でも、うどん屋でも、あるいはホテルのフレンチレストランでも、どこにいっても、大変気持ち良く食事を楽しむことができます。
そして、なによりも、就職・結婚する時には大変有利に事が運びます。
さらに、就職してからも、結婚してからも、職場や家庭で、良好な人間関係を築くことができます。
親が子供に与えてあげる最も大事な財産だと思います。

繰り返しますが、テーブルマナーは、生きていくために、必要不可欠な「食べること」に関する礼儀・作法です。一緒に食卓を囲む者同士が、嫌な思いをせず、楽しく食事をするためにつくられた、先人たちの知恵が凝縮されたルールです。

その昔々、人間が、家族や仲間と共に食事をする習慣が出来た時、他の人と喧嘩にならないように作られた最初の決め事だと思います。
自分は良くても、他人に迷惑かけたらいけません。ここが決め手ですね。

いままで、数えきれないくらいのテーブルマナーを担当しましたが、テーブルマナーを学習される、殆どの方が、「恥をかかないため」と希望されます。
テーブルマナーとは何か?なぜ必要なのか?ということを再認識して頂ければと感じます。

そして、「和食のテーブルマナー」を希望される方より、「洋食のテーブルマナー」を希望される方の方が多いのは少々残念な気がしております。
その理由は、国際化の進展という理由もありますが、日本人は未だに、西洋に対するあこがれが強いのでないかと思います。小物やバッグなども、日本製より西洋のブランド物が根強い人気がありますね。

しかし、西洋のテーブルマナーにも学ぶべき点が多く存在します。
今まで、日本の良さをしっかりご理解いただいたところで、次回から、西洋のテーブルマナーに触れてまいります。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1396《どうしても嫌な人との接し方》

日本は世界屈指の長寿国です。つまり世界で一番長い気が出来る国ですが、問題は長生きを競うより、長い人生をい...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ