コラム

 公開日: 2011-06-19  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話93≪酒盛りと神様と礼儀作法≫

マナーうんちく話94《酒盛りと神様と礼儀作法》

私の勤務していたホテルは、ケーキショップや居酒屋なども経営していた関係で、半年間位、居酒屋の店長を経験しました。
それまでの「赤提灯」にかわり、全国チェーンの新しいスタイルの居酒屋です。
日本の居酒屋の存在は、人と人との絆づくりに大いに貢献していると思います。
「無縁社会」が叫ばれる中、居酒屋には大いに頑張って頂きたいものです。

昔は、女性が外で酒を飲む機会は殆どありませんでしたが、女性の社会進出が盛んになるにつれ、居酒屋にも女性の姿が見られるようになり、今ではすっかり、居酒屋も様変わりしてきました。メニューや雰囲気等も女性を意識するようになってきましたね。


ところで、元々居酒屋の起源は江戸時代で、酒屋が、酒の味利きをしてもらうために、無料で、少しだけ客に飲ませていたのが起源だそうです。それが次第にエスカレートして、お金を頂き、商いとして酒を提供するようになったとか・・・。
そういえば、岡山でもそのような酒屋さん、30年前くらいは結構有りましたね。

江戸時代には、店を構えたり、あるいは屋台で、食べ物と共に酒を販売する形態が出来上がっていたようです。またこの頃には「水茶屋」といって、水やお茶を、旅人や行きかう人に販売する店も存在していたようです。このスタイルの店が、次第に繁盛し、やがて、お茶や水に加え、酒や料理も提供するようになり、最終的には「水茶屋=酒場」になったというのが通説のようです。
ちなみに、今でも酒を扱う商売の事を「水商売」と言いますが、その語源はこれです。

では、それ以前はどうだったかと言いますと、江戸時代前までは、「酒を商いする発想」はなかったようですね。
なぜでしょうか?
元々酒は、色々な「神事」や「儀式」において、飲まれる事が多いかったからです。

神事には、先ず神様にお酒と食べ物をお供えします。
日本の神様は、稲作と深く関わっておられ、米を醸造して酒を作るので、その酒や食べ物をお供えするわけですね。マナーうんちく話91《尾頭付きは神様への礼儀》を参考にして下さい。そして、神事が終われば、神事に参加した全員で、そのお下がりを、神様と共に、飲んだり食べたりしました。神様との「共飲共食儀礼」です。
ちなみに、今の、儀式後の「打ち上げパーティー」ですが、正式には「直会(なおらい)」と言います。祭りや、地鎮祭、祈願祭等で経験された方も多いと思います。

加えて、結婚式に新郎・新婦が契りを結ぶ、「三三九度」もそうです。この儀式は、大中小の3つの杯が一組になっており、それぞれの杯に、3回に分けてお神酒(みき)を注ぎ、さらに、新郎・新婦が3回に分けて飲みます。新郎・新婦の絆を深める儀式として、神前結婚式には欠かせないものですね。
私も過去に、何百組もの新郎・新婦の「三三九度の儀式」に立ち会いました。
厳かで、新鮮味があり、いつもながらとても真摯な気分になります。
若い人たちに、再認識して頂きたい、とても神聖な儀式だと思っています。

また、映画やテレビでよく見かける、親分と子分が契りを結ぶ時にも、杯を交わします。

このように、日本では、酒は、「人と神様」、さらに「人と人」とが、契りを結んだり、絆を深めるために、飲まれていたようですね。

今では、このような意味合いは薄れてきましたが、酒を飲み交わすことで、人と人との関係が強まり、より人間関係をスムーズに保つ文化は、すたれることはないと思います。
和食も、日本酒も、実に奥が深いです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ