コラム

 公開日: 2011-06-03 

マナーうんちく話86≪家庭での食事会のマナー≫

マナーうんちく話86《家庭での食事会のマナー》

食事のマナー11、「ホームパーティーのお勧め」

前回は、ビジネス上の、外での接待のマナーについて触れてきましたが、今回は家庭に、お客様をお招きしたり、されたりする際のマナーを解説いたします。

「家にお客様をお招きする」という行為は、神経を使ったり、手間暇もかかるので、あまり好まれてないようですが、家庭で食事をともにしながら、情報交換し合ったり、親睦を深めあったりすることは非常に大切なことだと思います。少し考え方を変えていただき、ポイントさえつかんでいただければ、招いたり、招かれたりするのが楽しくなったり、喜びに替わったりします。

■家にお客様をお招きする時のポイント
○家庭を、全て秘密のベールで囲むのではなく、外に向けある程度オープンにされて見ては如何でしょうか。

○日頃の整理・整頓が大切です。この「食のシリーズ」で、日頃から、食卓をキレイにされることをお勧めしましたが、まさにその通りです。

○準備は早めに。当日は必要最小限にとどめます。

○食卓に花を
玄関、トイレ、食卓等、調和のとれた花が活けてあれば大変喜ばれること請け合いです。
食卓の花は、特に大きなポイントになります。

○席順を考えて下さい
和の雰囲気か、洋の雰囲気かにより異なりますが、年長者優先、レディファースト、男女交互の席次に心がけていただければと思います。

○食卓には奥様もぜひ同伴して下さい
日本では、家でお客さんを接待する時に、奥様は台所につきっきりになりがちですが、是非同席して頂き、積極的に会話に花を咲かせて下さい。

○楽しい会話を心がけて下さい。基本的には自慢話はしないようにして下さい。でも、自慢話をされたら、それをしっかり聴いてあげるのがマナーです。

○お見送りは、家の敷地と公道の境まで出て、丁寧にお送りください。

■家に招待を受けた時のポイント
○お洒落して下さい。お洒落は自分のためより、むしろ場を盛り上げるために必要です。
特に男性の場合、職場から直行になる時等は、特に注意して下さい。

○決められた時間より早めに行かない方がいいですね。ギリギリ位がお勧めです。

○お土産は基本的には不要だと思います。但し、其の後で、今度はこちらが招待するようになります。気が引けるようでしたらチョコレートや本等がお勧めです。

○招かれた家をしっかり拝見し、我が家の有り方を見直すのも良い機会です。

○招かれた家の主人や奥様の、話の内容や考え方も大いに参考にして下さい。

○備前焼・漆器などの置物、絵画や掛け軸等、日頃からいいものに触れて下さい。

○料理や酒類を美味しく頂く心得を修得して下さい。このコラムで、後ほど触れますので、是非参考にして下さい。あまりアルコールが強くない人は、その旨を予め伝えて下さい。

○もてなしを受けた後のお礼が、なにより大切です。

人と人とが出会い、円滑な交流を図るために、マナーが必要不可欠であるということは今さら申すまでもありませんが、中でも食事を共にする時に、「その心得」が、あるか、否かでは、雲泥の差が出ます。全ての国や民族を問わず、食事に関するマナーには格別なものが存在すると思います。

昔のヨーロッパの貴族たちは、我が家にお客様を招いたり、また招かれたりしながら、マナーを磨いてきたそうです。現在の家庭にもそのまま当てはまることだと思います。
家にお客様を招くことにより、家はより美しくなり、思いやりの心も自然に身につきます。また招かれることにより、その家の家風や考え方が大いに参考になります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ