コラム

 公開日: 2011-05-30  最終更新日: 2012-04-19

マナーうんちく話85≪感じ良い接待の受け方≫

マナーうんちく話85《接待の受け方》

食事のマナー10、「気持ち良く接待を受けるには」

接待を受けて、限定された時間内で、楽しい交流を図る。
そのためには、「接待する側の心配り」を、遠慮なく受け止め、楽しいひと時を過ごすことが必要です。そのポイントを解説して参ります。

○先ず、接待された目的を、明確に把握することが大切です。
仕事を離れて友好を深めるにせよ、接待には経費が伴います。お金をかけるには、それなりの目的が存在します。その目的を把握したうえで、受けるか、断るかの判断をします。
正式な招待状などを受け取った場合は、なるべく早めの返事が必要です。
口頭の場合は、「都合を確かめて、こちらから早急にお返事いたします」といって、なるべく即答は避けた方がいいですね。

○折角のお誘い、出来る限り前向きに応じることも大切です。
接待された理由が、こちらの方針に背くことになれば別ですが、特に問題がなければ前向きに受けた方が良いと思います。自分を売り込む絶好のチャンスです。

○「接待の場」で注意すること。
・酒の上とはいえ、「言葉に発したことには責任が生じる」ことを、くれぐれも認識しておくことが必要です。
・飲み物を尋ねられたら、素直に自分の好みを伝えて下さい。但し、「先ずはビールで」などといわれたら、それに従って下さい。乾杯の時には例え飲めなくても、グラスに口をつける方がいいです。
・接待を受ける方は、どんどん酒を勧められます。あまり飲めない場合は、「不調法ですので・・・」といって丁寧に断ります。これ以上飲んだら悪酔いしそうな時は、「もう充分いただきました」といって断ればいいでしょう。「酒の断り方」を心得ておくことも大切です。
・偉そうにふるまうのではなく、謙虚さが大切です。
・「お土産」や「車代」を受け取る場合は、常識の範囲内で受け取る事が大切です。
・「今日は無礼講ですから」といわれても、鵜呑みにはしないことが大切です。
・しかし、不必要にかしこまる事もありません。堂々と胸を張って、接待を受けて下さい。
・そして、折角接待を受けているのですから、相手の気持を尊重することが大切です。

○接待を受けた後には必ずお礼を!
接待を受けた後には必ずお礼の電話・葉書・手紙などを出したいものです。
接待をした方も、好きでしているわけではなく、それなりの神経を使います。丁寧に感謝の言葉を述べて下さい。これは非常に大切なことですよ。


企業の過剰接待!
賛否両論ありますが、今なお容認派が圧倒的に多いのが実情のようですね。受けている理由は、「仕事を有利に展開するため」「良好な人間関係を築くため」「役に立つ情報を入手するため」等です。そして接待のパターンは、「食事と酒」がダントツのようです。

ということは、接待を「する方」も「される方」も、互いに接待の目的を共有し、和気藹藹と、美味しく食べ、楽しく飲んで、心と心の交流を図る事がなにより大切です。
これから触れて行きます、「和食・洋食」の、「好感の持たれるテーブルマナー」もぜひ身につけて下さい。さらに楽しくなります。

「深酒」「深夜までの付き合い」「梯子酒」「酒癖が悪い」等のため、接待において、酒にまつわる迷惑も多いのが現状です。
「酒はその人の本性が出ます」。日頃から楽しい酒を飲んで下さいね。

酒を通じて、「裏情報」等を入手できるようになれば、たいしたものです。
例えば、腰を落ち着け、酒を酌み交わしながら、ある品物を売り込む時、「相手が求めているもの」は何か?価格最優先か?それとも技術的な面が優先されるのか?等。
「接待をする方」も、「される方」にも、其の人の人間性が多いに問われます。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ