コラム

 公開日: 2011-05-28  最終更新日: 2012-04-19

マナーうんちく話84≪好感の持たれる接待とは≫

マナーうんちく話84《好感の持たれる接待とは》

食事のマナー9、「好感の持たれる接待のお勧め」

今回は、「接待」についてのお話です。接待を、「する側」と「される側」、それぞれの立場で2回に渡り進めて参ります。日本では、相手と交渉を有利に進めたり、親交を深めるために様々なシーンで接待が行われていますが、その基本は、「する側」と「される側」の、心と心が通い合うことです。

接待をする側のマナーのポイントは何と言っても、相手に「心地よい時間を過ごしていただくこと」に有ります。そのための心構えについて解説いたします。

○接待のための事前準備が大切です。
場所、日時、参加者の把握、当日の流れ、料理や飲み物、2次会、車の手配等基本的なことはもちろんですが、元ホテルマンとしての一押しは、店(会場)のスタッフと仲良くなっておくことです。少々の無理も、快くきいていただける間柄になることをお勧めします。

○当日は早めに会場入りし、「事前チェック」「お迎え」等をします。
この時に、店側の人にも、くれぐれも丁寧に挨拶しておくことが大切です。何回もこのコラムで申していますが、「サービスを提供する方(店)」と、「サービスを受ける方(客)」には、上下関係は有りません。横柄な態度は感心しません。

○席次に気配りして下さい。
ビジネスの場合の席次は、原則として、男女、年齢に関係なく、「職責」「立場」で決めます。上位者優先です。上座がお客さんで、下座が接待する方です。どちらが上座か下座かよく解らない時には、店の人に確認して下さい。

○お酒の、注ぎ方。
フレンチ等は店のスタッフにお任せした方がいいと思いますが、座敷での、和食やなべ料理等は、接待をする側が、お客様の所に伺い、「酌」をした方が良いでしょうね。この場合、よくビール瓶や銚子を持ったまま移動する人がいますが、それは感心しません。
あくまで、何も持たず、お客さんの前に行きます。正座して、キチンと挨拶します。例えば、「平松部長、今日は本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。どうぞ・・」といって、目の前に有る、銚子やビール瓶を持って酌をして下さい。

ちなみに、「鼠尾・馬尾・鼠尾」(ソビ・バビ・ソビ)という言葉があります。酒を注ぐ時、最初は鼠の尾のようにか細く、次に馬の尾のように勢いを増して太く、最後はまた鼠の尾のように勢いを弱め細く丁寧に注ぐ、という意味です。蒔でご飯を炊く時の、「始めチョロチョロ、中パッパ」のような感じですね。

特に女性の場合、プライベートの時には「レディーファースト」ですが、仕事となれば「女性は酒を注ぐ必要はない」ともいっておれません。嫌々ながら注いでいたのでは、相手に不愉快な思いをさせるようになります。また、時にはセクハラまがいなことも、無きにせよ有らずです。有る程度、割り切る事が大切だと思います。
今まで、このコラムでも書きましたが、お客さんに、ビールを注ぎながら、お世辞の一つでも言えるようになりたいものです。それが出来るようになれば、仕事に限らず人間力もかなりレベルアップしてきます。

○当日は、「盛り上げ役」に徹するように心がけて下さい。
世話係は何かと神経を使い大変ですが、この経験は色々な面において有効に生きてきます。

○お披楽喜に当たり注意すること。
お土産を出す場合は、最後の挨拶がある頃がいいですね。それから出席をして頂いたお礼を言い、丁寧にお見送りをします。出来れば接待した全員でのお見送りがいいです。お客さんを車でお見送りする場合は、必ずお客さんが車に乗り込むまで確認して下さいね。


食事や宴会に誘って、商談をまとめるというビジネススタイルは、日本では、すたれることは、先ず無いと思います。場数を踏み、常識の範囲内での「接待上手」になられることをお勧めします。

ただ接待といえば、単に高級料亭やレストランで、美味しいご馳走やお酒をふるまうことではありません。「もてなす」とは、もともと「持成す」のことで、むしろ飲食を提供するより、其の人に対する「処遇や振る舞い方」の意味です。つまり真摯な態度で相手と接するという意味ですね。早い話し、接待の極意は、「思いやりの心で持って、相手と接すること」です。このコラムにヒントがしっかり詰まっています。但し、仰々しくなっては駄目ですよ。あくまで「さりげなく」がお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ