コラム

 公開日: 2011-05-24  最終更新日: 2012-04-19

マナーうんちく話82≪美食と素食と手作り料理≫

マナーうんちく話82《美食と素食と手作り料理》

食事のマナー7、「手作り料理のお勧め」

質問です。
①今現在、世界一「美食の都市」はどこでしょうか?
②「手作り料理派」ですか、「出来合い料理派」でしょうか?

ミシュランガイドをご存知だと思います。
元々1900年に、パリ万博が開催された時、フランスのタイヤ会社である「ミシュラン社」が車の運転手向けに発行した地図のようなものですが、1930年代に入り、レストランを星で格付けするようになり、最近では日本のレストランが頻繁に登場しています。

そして今や、ミシュランガイドで世界一の美食都市は「関西」になりました。関西というのは、京都、大阪、神戸の3つの都市のことです。その前は東京でした。現在、3つ星がついているレストランは関西が最も多く、続いて東京、パリです。これにより日本のグルメ度は世界でもトップクラスになったわけですね。

店の数も日本は断トツで多いですが、いずれにせよ日本の食文化はすごいと思います。特に和食の専門店が健闘しており、その「専門性」が高く評価されたようです。

私は、ホテルでの最初の職場が「フレンチレストラン」だったので、フランス料理とは大変長い付き合いになります。そして今まで、世界一の料理はてっきりフランス料理だと思い込んでいました。ソースの種類が非常に多いことと、それらが美味であるというのがその理由です。さらに、「本格的なフルコース」は素晴らしい芸術だと思っていました。

現に「フランス人の美食」が、世界無形文化遺産に登録されたこともあります。
フランス料理のフルコースは、シャンパンに始まり、白ワイン、赤ワイン、コニャクやアルマニャック等の豊富で芳醇な飲み物、そして前菜、スープ、魚料理、肉料理、ロースト、サラダ、デザート、フルーツの手順に至るまで全ての料理に、実にすばらしい美味が施されております。料理と飲み物のハーモニーも絶妙です。

また、フランスは農業国であり、食料自給率も100%をはるかに超えております。幼い子供の味覚教育にも熱心です。これに比較し、日本は食料自給率約40%、子どもの味覚教育はないに等しいくらいではないでしょうか。加えて日本は古来より「素食」を美徳としてきた民族のはずです。
ところが、終戦を境に、アメリカのGHQにより、アメリカ式の食スタイルになったのは、御承知の通りです。そして60年後には、世界屈指の飽食の国、美食の国になり、贅沢な食べ物が氾濫している国になりました。

しかし一方では、「糖尿病」等の生活習慣病が多発し、医療や介護の深刻な問題が浮上しております。そこで、日本人の中に長い間根付いていた、「伝統食」や「素食」が見直されてきました。美食と素食、どちらがいいかといえば、年齢や仕事の内容等により、一概には言えないと思います。臨機応変に、ある時は粗食、ある時は美食でいいと思います。

ただ、いずれにせよ「出来合い料理」ばかりに頼らないで、出来る限り「手作りの料理」がお勧めです。
今年の春、関西と岡山で花見をしました。今までの職業柄、食べ物には大変関心があるので、花見客の弁当を見て回りました。いずれの会場でも、コンビニ弁当とかファーストフードの食べ物と、ペットボトルのお茶が幅を利かせていました。

「世界一の美食の国」でありながら、日本の伝統行事である花見弁当がこの調子ではいささか寂しい気分になりました。勿論それぞれの家庭には、それぞれの事情があるので一概には言えませんが、やはり「台所で作られた手作りの弁当」に勝るものはないと思います。

正月の「おせち料理」しかりですね。
今、手作りのおせち料理で正月を迎える家庭はすっかり少なくなりました。
いつの時代にも、子どもには、いりこやカツオや昆布でダシを出した料理を食べさせてあげたいものです。そしてそれが最優先されたら日本の未来は大変明るくなると思います。

和食も洋食も中華料理も出来る台所を有し、料理番組、料理教室、料理本等が氾濫している国の、「ハレ」の日の料理が、出来合い料理では寂しい限りですね。
何かとせわしい時代ですが、愛情一杯の、「手作り料理」の良さを見直されては如何でしょうか?






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ