コラム

 公開日: 2011-05-20  最終更新日: 2012-04-19

マナーうんちく話80≪心豊かな食卓創り①≫

マナーうんちく話80《心を豊かにする食卓①》

食事のマナー4、「心を通わせ、心が豊かになる食卓創りのお勧め(前篇)」

5月21日は二十四節季の一つ「小満」です。
程々に満足していますよと言う意味ですね。
では何に満足しているかと言えば、この「食のシリーズ」で述べてきた続きになりますが、前年の秋に蒔いた麦などの穂がでてきたので、安心(満足)しましたということです。

「貧乏人は麦飯を食え!」というお話しをしましたが、どうやら室町時代頃には、麦飯は、貧乏な人々の主食だったようです。当時は、米や麦や稗などの収穫具合で、生き死にが、決まっていたので、種をまいて穂が出るまでは大変心配だったわけですね。そしてその穂が出てくるのがこの頃で、やっとひと安心と成ります。
以前「生きることは食べること」と申しましたが、まさにその通りですね。
そして、今なお、これと同じような状況が、この地球上には存在するということですね。

また、「小満」は、麦などと共に、自然界全てのものが、満ちてくる頃です。多くの植物は花を咲かせ、動物たちは活発に活動し始めます。私たちも、益々元気で参りたいものです。


私は今年の春まで2年間、「内閣府食品安全委員会」(食品安全基本法に基づき、食品の安全行政を司る機関)の食品安全モニターを務めさせていただきました。会議に出席した時もそうですが、食品安全委員会から送信されてくる、食品の安全に関する豊富な情報を読んでも、日本の「食の安心・安全」に関するレベルは非常に高いと思います。優秀な学者も勢ぞろいで、しかも法律もしっかり整備され、世界屈指のレベルではないでしょうか?
このことは、多くの意味において実にすばらしいことだと思います。

しかし、「食を楽しむ」ことに関しては、日本人は非常に下手だと思います。

前回は栄養のバランス等を考慮した、「賢い食生活」をおすすめしましたが、今回は、それと同時に、「食を楽しむ」ことのお勧めです。

もともと日本では昔から、家族全員が仲良く暮らし、一緒に食事をする習慣がありました。家族同士のコミュニケーションを高め、絆を築くために、食事は大きな役割を背負っていたわけですね。
しかし、時代と共に、日本における家族形態は大きく変化し、やがて、「孤食」という言葉が生まれてきたのはご承知の通りです。さらに女性の社会進出も増加し、お母さんが働きに出かけるようになり、益々子どもの孤食は増えてきました。

特に最近では、核家族化から、さらに進んで、単身世帯が増加してきています。晩婚化、未婚化の影響で30代、40代、50代の独身者が増えているからです。加えて独居高齢者も加速度的に増加しています。当然ながら、一人で食事をされているわけですね。
つまり今は、「子どもの孤食」と「大人の孤食」が同時に浮上してきています。
心の面でも、栄養面でも、とても心配です。非常に由々しきことだと思います。

欧米諸国は個人主義が多いようですが、夕食は家族で共にするのが常識のようです。しかし、和の精神を大切にしてきた日本人は今、孤食に陥っています。皮肉なことですね。

「食を共にすること」は、理屈抜きで楽しいです。
楽しく食せば、消火液の分泌も促進され、消化吸収が良くなり、コミュニケーションも図れます。だから食事をする時は、皆で仲良く、楽しく、心を通わせてすることが必要なのです。しかし、世界一飽食の国になった日本は今、心を通わせて食事をする食卓が、どんどん失われています。出来れば一日に一回、無理なら三日に一回でも、週に一回でも、大切な人と共に、「楽しい食卓」を囲まれることをお勧めします。
一人暮らしの人は、「共に食事を楽しめる人」をつくられることをお勧めします。

次回は、「楽しい食卓づくりのポイント」について触れてみたいと思います。








この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ