コラム

 公開日: 2011-05-15  最終更新日: 2012-04-19

マナーうんちく話78≪飽食の国のマナー①≫

マナーうんちく話78《飽食の国のマナー①》

食事のマナー3、「腹一杯食べられることに、最高の幸せを感じて下さい」

「人間にとって最高の幸せ!」とは何だと思いますか?

およそ人類が誕生して約300万年間。
人間は常に「飢えとの戦い」でありました。日本人しかりです。前回、日本人も約50年前まではかなり貧しい食生活に耐えていたと申しました。団塊世代の私も、幼い時には食べ物にかなり不自由した記憶があります。私らの年代の人はほとんどがそうです。戦争を経験した人はなおさらです。
食べ物が不自由なゆえに、栄養状態が悪く、終戦直後の、日本人の平均寿命は先進諸国中最下位でした。まして日本は敗戦国になりましたから、食べることもさることながら、立ち直るまでは、言葉では言い表せない苦労がありました。
決して忘れてはならないことだと思います。


22年夏、恒例の「和の礼儀・作法と和食のテーブルマナー講座」に参加いただいた、あるご高齢の女性が、「疎開時代の食生活」についてお話しして下さいました。
そして、その当時のことを思えば、「こんな素晴らしい会場で、こんな話が聞けて、こんな美味しいものが食べられるということに、最高の幸せを感じる」と申されました。

「人間にとって一番の幸せ」とは、「安心して食べ物を腹一杯食べられること」ではないでしょうか。
貧しかったら十分食べることはできません。またいくらお金があっても、糖尿病や高血圧等の生活習慣病が気になる人、ダイエット中の人、病気の人等も思う存分に食べることはできません。

また世界に目を向けても、貧しいがゆえに、充分に食べ物を食べることができない人が大勢います。
今、地球上には約69億人が生活しています。10月には70億人になるとの予想です。その内、約12億人は、国連が定義する「貧困層」です。また約8億人は、「恒常的栄養失調」に陥っています。さらに「チャイルドラバー(児童労働)」といって、幼い子供が食べるために、学校に行くのではなく働きにいっています。その数は日本の人口以上です。加えて1日に数万人の人が、飢餓が原因で命を落としています。

そんな現状下で、食料自給率が約40%で、先進諸国の中で最下位の日本人は、「世界一飽食の国」になり、「世界一贅沢な食生活」を謳歌しています。
素晴らしいことです。
幸せなことです。

日本人はそれがごく当たり前になってしまっていますので、今さら「腹いっぱい食べられることを幸せだ」と感じる人は少ないようですが、実は最高に幸せなことだと思います。

問題は、毎日好きな物を充分食していることを、「最高に幸せだと感じられるか否か」ではないでしょうか。
そして、子育て中の親や教育に携わる人は、そのことをキチンと子どもに教えてあげることだと思います。

私は学校、地域、職場等での、マナーや生きがい創りの講演で、このことを一番に伝えます。「幸せを感じることができるということ」は、マナーや生きがいづくりの原点だからです。
「満足に食べられること」を、幸せだと感じるだけで、自殺は大幅に減少すると思います。

そして、満足に食べられる事をハッピーだと感じることが、飽食の時代を生きる私たちの究極のマナーではないでしょうか?
次回は飽食を別の側面から捉えて行きます。












この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1388《健康は自分自身に贈る最良で最大のプレゼント》

「一年の計は元旦にあり」と言われますが、今年こそはと新たな目標を定められた方も多いと思います。中でも禁...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ