コラム

 公開日: 2011-05-11  最終更新日: 2012-04-19

マナーうんちく話76≪お里が知れる≫

マナーうんちく話76《お里が知れる》

食事のマナー1、「その人を知るには、食事を共にすることをお勧めします」

食事を共にすれば、その人の「お里が知れる」とよく言われます。
この言葉の裏には、「育ての親はどんな人か」「どんな家庭環境で育ったのか」といったような、育ててくれた親や家庭を直接さす場合と、本人自身の、良からぬ癖などを指す場合があります。「血は争えぬ」と同義語ですね。

現在、地球上には193の国が存在しますが、それぞれの国には、それぞれの宗教があり、それぞれの価値観があります。そしてその価値観が最も表面にでるのは「食べる」という行為ではないでしょうか?
後で詳しく触れる予定ですが、世界中には色々な食べ方があります。日本は「箸」で食べますが、国によっては「手」で食べる所もあります。「箸食」も「手食」も元をただせば宗教的な要因が大です。

また、「感謝の言葉を発して食べる国」もありますし、「神様にお祈りして食べる国」もあります。豚肉や牛肉を食べることを禁じている宗教もあります。
ワイワイガヤガヤと楽しくにぎやかに食べる人もいれば、無口で食べる人もいます。
何でも残さずきれいに食べる人もいれば、好き嫌いの激しい人もいます。

「食べるという行為」は本当に、その人の価値観や人となりが理解できます。
食べることは、性欲、睡眠欲と共に、人間の3大欲求だということはご存知の通りですが、もっともっと大きな意味があるようですね。
つまり、食べるという行為には人間性が露出するので、人物判定にはもってこいです。

食事を共にすることは、「その人のことをもっと理解したい」「その人ともっと仲良くなりたい」という意味があります。
戦争が続いた中世のヨーロッパでも、争いを止めて仲良くなるために食事を共にしました。今まで戦争をしていた者同士が、共に食卓を囲むわけですから、油断できません。そこで、それなりのルールを決めました。例えば食事中は、空いている手は相手に見えるようにテーブルの上に置いておくとか、ワインは、もてなしをする人が最初に味見をするとかです。
これが洋食のマナーのルーツです。

日本でも黒船がやってきて、鎖国を解き、アメリカと友好条約を結ぶ時には、会席料理で黒船軍団を接待し、其の後は、黒船軍団から黒船内でフランス料理の接待を受けています。
共に、食事を介して、相手のことを理解し、友好を深めました。
また現在でも、結婚する際に、「結納」を交わし、その後、食事を共にします。
この食事により、相手方がどんな人か良く理解できるし、さらに仲良くなります。

すなわち食事を共にすることは、その人の価値観や人となりを理解するとともに、その人と、より仲良くなるわけですね。さらに食事を共にすることにより、「和する」事も可能です。夫婦や恋人が喧嘩しても、美味しい物を一緒に食べれば自然に仲直りできます。

加えて食べることは、「身体を創る」事でもあります。
生まれたばかりの赤ちゃんは3㎏位ですが、毎日毎日食べることにより、20年後には50-70㎏位の大人になりますね。古今東西普遍的なことです。

問題は、何を、どのように食べ、どんな人間に創り上げていくかです。

日本は今大変豊かな国になり、食料自給率は先進諸国の中でも最下位の、約40%しかありませんが、世界一贅沢な食生活を謳歌しています。食の安心・安全もトップクラスでしょう。栄養学や食品学も最先端をいっていると思います。
食に関する産業も極度に発達し、今や食は大きな娯楽性を帯びています。

しかし食に関して、日本は多くの矛盾があります。
私は余りにも多すぎると思っています。
今までお話ししてきたことを纏めれば、「食べることは生きることです」。
ここに沢山の矛盾があれば、決してハッピーにはなれないと思います。

今まで、このコラムで多彩なマナーに触れてきました。
しかし、ホテルで「フレンチレストラン」「バンケット」「ブライダル」の仕事を通じ、33年間「食」に携わってきた者として、「本来あるべき姿のマナー」とは、モノを食する人が、共に食卓を囲み、いかに友好を深めながら、食事を楽しむかが、その原点になると思っています。

そこで、これから「食べる」ことについて色々、お話を進めて参りたいと考えております。
今までと重複することも多々あると思いますが、マナーの本には書かれてないこと等も、うんちくを出来る限り交えて解説していきます。

主に、「楽しい食卓」「賢い食事」についてのお話しを予定しています。
自分磨き、指導的な立場にある人、食育や教育に携わっている人、子育て孫育てに携わっている人、料飲食業に携わっている人等などに、とてもお役に立つと思います。
そして皆様も、ご自身の食生活を今一度見直されてみては如何でしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ