コラム

 公開日: 2011-05-05  最終更新日: 2012-04-19

マナーうんちく話73≪話好きになる方法とは?≫

マナーうんちく話73《話好きになる方法とは?》

皆さんは、「話がもっと上手になりたいなー」と思われたことがありますでしょうか?
またそれは、何時、どんな時、誰と話す時ですか?

話は老若男女、口がきければほとんどの場合誰でも出来ます。ただその話が上手か下手かは、明確な基準がないので一概には言えません。その場の雰囲気、相手、内容等により大きく異なってくると思います。
これはさておき、人が上手に話をしたいなーと思う時は多々あると思います。例えば、プレゼンをする時、商談をする時、愛を告白する時、司会をする時、スピーチをする時等など。

それでは、これらの時、どのようにしたら上手に話をすることができるのか?
残念ながらそんな都合の良いマニュアルは存在しません。しかし、どんな場合も話しをするのが好きになれば、意外に好結果が期待できます。何事につけ、嫌々ながらしてうまくいくはずがありません。
ではどうすれば、自然に話が好きになるのか、ポイントは次の通りです。

①「前向きになる」ことです。
最初から会話でなくても、先ず挨拶から「先手必勝」で心がけて下さい。
向こうから少々苦手なAさんがやってきました。あなたはどうしますか?
1、避けて通る。 2、Aさんが挨拶したら自分もする。 3、自分から挨拶する。
この場合1、2だったら何時まで経っても進展は期待できないと思います。
苦手な人ほど、すすんで、丁寧に挨拶するようにして下さい。これでかなり期待できます。前の人に追いついてでも前向きの挨拶が出来るようになればしめたものです。
挨拶が積極的に気持ち良くでき出したら、会話は、それについてきます。

②兎に角「場数を踏む」ことです。
話しの苦手な人、嫌いな人でも、前向きに場数を踏んでいけば、自然に話すことが苦手ではなくなります。さらに慣れてくると話すことを好むようになります。そうなれば結果的に会話上手になっています。
私の場合は学生時代まで会話は全く駄目でした。それでも普通の生活には何ら支障をきたしませんが、ある時期になればそれが致命的になります。最初の難関は卒論発表の時です。どうしようもなく苦戦しました。次の難関は就職の面接試験です。これはどうにもなりませんでした。コネでホテルに採用して頂いたわけですが、その時も多恥をかいた記憶があります。このような状況でしたから入社しても苦労が多々ありました。でも色々と場数を踏んだおかげで今があります。
今回、震災の記者会見を担当されている人もそうですね。

③卑下しないでください。
会話が下手、苦手といって自分のことを決して卑下しないようにして下さい。殆どの人がそうです。私の経験では少なくとも会話が得意な人は精々4分の1くらいでしょうか。
結婚式や会議などのスピーチも、お見合いでの話も、本当に素晴らしいなーと思える人は意外に少ないですね。しかし苦手な中でも、「この話題ならまかして」という物をいくつか持っておくことをお勧めします。

④豊富な話題を身につけて下さい
話しは、その人の生まれ、育ち、環境によるものも多々ありますが、特に多いのが、その人の教養から出てくるものです。お世辞や賞賛も教養が必要です。
兎に角、新聞、雑誌などよく読み、豊富な話題を常に身につけておくことです。旬の食べ物は身体に良いですが、旬の話題も会話には欠かせません。新聞が一番いいですね。

それからお勧めは、四季の移り変わりに関することです。日本人同士ならこの話題は、どこでも、誰にでも親しみが持たれますし、中でも特にお勧めは「二十四節季」に関することです。このコラムでは「二十四節季の話題」は必ず触れていますので是非参考にして下さい。会話にも、手紙にも、メールにも、とても重宝します。

私は今ではすっかりしゃべる事が仕事のようなものですが、今になってしみじみと思うことがあります。

話し上手になるためには、敬語の使い方を学習し、発声練習や流暢なしゃべり方を修得することも確かに大切だと思います。決して否定するつもりはありません。
しかし、その道のプロの人は別として、一般の人は、あえてそのような練習をするより、積極的に多様な人と接し、様々な事を経験し、悩んだり、苦しんだり、考えたり、創意工夫するうちに、蓄積された自分自身の人生観というものが、本当に聞いてくれる人に感動を与えるのではないかと思います。「形より心」だということですね。

つまり大切なことは、その人がどんな服をまとい、何を身につけ、いかに流暢に喋れるかより、どう生きて、何を語れるかではないでしょうか。

このコラムで、今後とも多彩なお話しを発信できればと思っています。話しのネタに是非参考にして頂ければ嬉しいです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

89

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ