コラム

 公開日: 2011-05-03  最終更新日: 2012-04-19

マナーうんちく話72≪なぜ鯉が空を泳ぐの?≫

マナーうんちく話72《なぜ鯉が空を泳ぐの?》

なぜ端午の節句には鯉のぼりが空を泳ぐの?

5月5日は、子どもたちの健やかな成長と幸福を願う「子どもの日」です。
さらに女の子のお祭り「桃の節句」に対し、男の子のお祭り「端午の節句」でもあります。

もともと中国から伝わった風習で、奈良時代には「菖蒲」や「よもぎ」で厄除けをしていたのが、鎌倉時代には「菖蒲」が「尚武」&「勝負」に転じ、江戸時代に入って、男の子の健やかな成長と出世を願う行事として定着したという説が有力です。

部屋には桃太郎や金太郎等の「五月人形」を始め、「鎧」や「兜」も飾りますが、いずれも男の子に逞しく育ってほしいとの願いからです。

また、「柏餅」を食べますが、柏の葉は、若い葉がでないと古い葉が落ちないので、その家の「跡継ぎが絶えない」ということを意味します。

そして、菖蒲やよもぎを風呂に入れるのは、菖蒲やよもぎは、独特の臭いがする薬草で、「魔除けの意味」があります。さらに「菖蒲」⇒「尚武」⇒「勝負」になるので縁起を担ぐ狙いもあります。
前回お話ししました、「鰹」が「勝男」に通じるのと同じような理屈ですね。


今回は「子どもの日」にちなんで、「鯉のぼり」について触れてみます。
鯉のぼりが空を泳いでいるのは、一般的には「鯉が滝を登り、やがて竜になる」という、中国の故事に倣って、男の子の立身出世を願ったものですが、本来の意味は、これとは少し異なるようです。

民俗学では、もともとは「鯉幟(のぼり)」より、鯉のぼりを吊るす「柱」の方に大切な意味があると推察しているようです。
つまり、柱を立てることにより、その柱を目印に神様が降りて来られるわけですね。
その柱に、いつの間にか鯉が吊るされ、現在のスタイルになったとか。

このコラムでも、正月を迎える準備として、玄関に「門松」を立てる理由は、その門松が神様の依り代(よりしろ=目印)になるからだとお話ししましたが、それと同じ理屈ですね。

ところで、桃の節句にせよ、端午の節句にせよ、いつの時代も、親が子を思う気持ちは変わらないようですが、最近の子どもの気持ちは大きく変わってきた気がします。

「末は博士か大臣か」。
私たちの小さい頃に、「賢い子どもを称賛する言葉」として良く耳にしました。
私は言われたことは一度もありませんが、周りには結構いたのを記憶しています。

その当時の博士や大臣は、多くの人のあこがれの的でしたが、今はすっかり魅力が衰えた気がします。大学は全入時代になり、博士号を取得していても就職できない人も珍しくなくなり、大臣も昔みたいに威厳は感じられませんね。

そして何よりも、立身出世を願って豪華な鯉のぼりをプレゼントされても、プレゼントされた子ども自身に、出世の意欲が薄れてきているようです。

良い悪いは全く別の次元ですが、出世するより、家庭を持ち、家事や子育てを夫婦共にして、「ささやかな幸せ」を追求している若者が増加傾向にあるようです。
しかし今は、そのささやかな幸せを実現するのが困難な時代ではないでしょうか?

このような現代事情、鯉のぼりの柱を依り代に降臨された神様は、どのように思われるのでしょうか・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1415《上司から嫌な仕事を頼まれた。どうする?》

「1月はいぬる、2月は逃げる」と言いますが、1月2月は何かと多忙で、あっという間に時間が経過するのでこのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ