コラム

 公開日: 2018-07-04 

マナーうんちく話1697《大勢の中でキラキラ輝く人の共通点とは?》

長年ホテルで接客の仕事をしていますと、そこにどんな人がいるかで雰囲気が大きく異なるのがよくわかってきます。

その人がいるだけで場が和み、明るくなることもあれば、その人がいるだけで場が重苦しくなり、白けてしまう場合もあります。

装いもある程度ありますが大半はその人の人柄でしょう。

会議の席でも多くの人は末席に座りたがります。
確かに上座に座れば人目もあり、何かと言動や立ち居振る舞いにも気を配らなければなりません。

その点末席に座れば確かに気分的にも楽です。
ただしみんながこれでは係りの人は困ります。
議長や進行係等を除いては順に中央から詰めればいいでしょう。

また係りの人からいい席を勧められたら堂々とそこに座ってください。
遠慮し、譲り合う必要なないと思います。
係りの人があなたの力量や人柄をかってくれているからこそ、良い席を進めてくれているといい意味に解釈されたらいいでしょう。

立食パーティー等でもしかりです。
みんな入口のところで立ち止まってしまえば、パーティーの雰囲気は台無しです。タイムラグをもって順に入る時には、奥から詰めるよう心がけて下さいね。

加えて立食パーティーでは往々にして身内や仲間内で固まりがちです。
これでは立食パーティーの意味がなくなります。

できるだけ離れ離れになり、多くの人との会話を心がけて下さい。
声を掛けられるのを待つのではなく、自ら仕掛けていくことが大切です。
この時笑顔をお忘れなく。
そして「聞き上手」を心がけて下さいね。

ここにキラキラする人とくすむ人の差が出ます。

着席スタイルなら、どこに座ればいいのかは主催者に聞くのもお勧めです。
新入社員の場合、どこに座っていいかわからない場合は係りに聞いて下さいね。

ちなみに着席の場合は特に「姿勢」にご注意ください。
キラキラする人の共通点は姿勢がいいということです。

加えて電車やバスや飛行機は時間との勝負になります。
「どうぞ」と進められたら、下手に譲り合いの気持ちは発揮せず「ありがとうございます」の言葉とともに座ればいいと思います。

難しいのが和室でしょう。
このコラムでも何度も触れましたが和室は「三辞三譲」というマナーがあります。

いい席を勧められても、いったんは断って、他の人に譲ります。
それでも進められれば「それではお言葉に甘えまして」と従うわけですね。

どんな偉い人でも、お金持ちでも、遠慮の気持ちや奥ゆかしい心を持っていますよということです。
和室ではいい意味で目立ちます。

フランス料理の席で乾杯の音頭を頼まれたら逆です。
「喜んで」とためらうことなく笑顔で引き受けて下さい。

料亭の会席料理の席で乾杯の音頭を頼まれたら、いったんはお断りして、それでもといわれれば、座布団から降りて正座の状態で行うのがスマートです。
予め打ち合わせがなされていればそれに従ってください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1704《「大暑」の頃!皆様の無事息災をお祈りいたします》

立春、立夏、立秋、立冬の前日を「節分」、そして前の18日間のことを「土用」といいますが、今では節分とは立春...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1703《他人事ではない災害!日頃のコミュニケーションを大切に》

四季が明確に分かれ、その移り変りがとても美しい日本は、世界中の人が羨ましがるところです。加えて南北に細...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1702《そろそろ土用丑の日。うな重の美味しさをどう表現する?》

炎暑、猛暑、酷暑、どの言葉も当てはまる日々ですが、そんな中期待したい食べ物があります。江戸っ子は特に初...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1701《蓮始開(はすはじめてひらく)》

夏空が広がり、夏の風が遠慮なしに熱気を運んできて猛暑日になっている地域がふえてきました。くれぐれもご自愛...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1700《暑中見舞い・団扇・扇子のうんちく》

白い色の南風「白南風(しらはえ)」が吹いたら、もうすぐ梅雨明けといわれますが、今年は数十年に一度の大雨とと...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ