コラム

 公開日: 2018-06-28 

マナーうんちく話1694《傘にも感受性と素敵なマナーを》

しとしとと降る長雨を恵みに、梅の実が黄色く熟す頃。
中国ではカビが生えやすい時期の雨だから「黴雨」と書くこともあったようですが、日本人は持ち前の感性で「梅雨」と名付けました。

梅は日本人にとって昔から大変なじみの深い花で、厳寒の頃、百花に先立ち、いち早く咲いてくれるので「春告げ花」と呼ばれます。

ちなみに梅は万葉集でも萩に次いで沢山詠まれています。
昔から梅が、いかに貴重な存在であったか容易に想像できますね。

その梅も現在では花を愛でる「花梅」と、実を食用にする「実梅」に分類されているそうですが、この季節だけしか手に入りません。しかも国産です。

ところで雨の日が多くなってくると「傘」と縁が深くなりますが、今回は《傘のマナー》に触れておきます。

傘のマナーといえば、江戸しぐさの「傘かしげ」を思い起こす人も多いと思います。

江戸の町は世界屈指の綺麗な街だったといわれておりますが、ごみを捨てる、唾を吐く、そして加えタバコなどは、とんでもない行為と捉えられていたのでしょう。

時代劇でもよく見かけますが当時、庶民は高貴な人に土下座をしなければならなかったようですが、江戸の町ではすれ違うことが許されていたとか・・・。
道路が停滞しないためだそうです。

その道路も一歩奥に入ると細い路地が密集します。
雪の日や雨の日に、傘を差した状態ですれ違う時は大変です。

だからすれ違う時には互いの傘を外側に傾けて、体に雫がかからないようにしたわけですね。

江戸時代の傘は「番傘」だったので、互いの傘がぶつかって損傷しない意味もあったようですが、大前提は互いが「譲り合い」や「思いやり」の気持ちを発揮することにほかなりません。

番傘とは和紙と素材の竹の利点を生かした、飾り気のない丈夫な傘で、江戸時代に庶民に広く愛されていたようです。

現在はビニール製の手ごろな傘が好まれているようですが、傘かしげのようなマナーは殆どの人が発揮されるでしょう。
相手が傘かしげのマナーを発揮してくれたら、「ありがとうございます」の言葉を発したいものです。
頭を下げるだけでもいいと思います。

またビニール傘の先は危険を伴います。
傘を広げるときには上に向けずに、傘の先を斜め下に向けて開くといいでしょう。

問題は商店街、駅、電車やバスの中のように、人が密集する場所での傘の扱い方です。

このようなところではくれぐれも、閉じた傘を水平に持たないことです。
可能な限り体に密着させ垂直に持ってくださいね。

ちなみに当たり前のことですが、傘は使用するときに広げて、使い終われば閉じます。

閉じた状態の時に、いかに美しく扱えるかが傘に関する上手なマナーです。
自分の傘が周囲の人に迷惑をかけないように、くれぐれも心がけて下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1704《「大暑」の頃!皆様の無事息災をお祈りいたします》

立春、立夏、立秋、立冬の前日を「節分」、そして前の18日間のことを「土用」といいますが、今では節分とは立春...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1703《他人事ではない災害!日頃のコミュニケーションを大切に》

四季が明確に分かれ、その移り変りがとても美しい日本は、世界中の人が羨ましがるところです。加えて南北に細...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1702《そろそろ土用丑の日。うな重の美味しさをどう表現する?》

炎暑、猛暑、酷暑、どの言葉も当てはまる日々ですが、そんな中期待したい食べ物があります。江戸っ子は特に初...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1701《蓮始開(はすはじめてひらく)》

夏空が広がり、夏の風が遠慮なしに熱気を運んできて猛暑日になっている地域がふえてきました。くれぐれもご自愛...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1700《暑中見舞い・団扇・扇子のうんちく》

白い色の南風「白南風(しらはえ)」が吹いたら、もうすぐ梅雨明けといわれますが、今年は数十年に一度の大雨とと...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ