コラム

 公開日: 2018-06-09 

マナーうんちく話1685《時の記念日と時間泥棒》

梅雨に入り蛍が飛び交う頃になりました。
蛍は成虫になるまでかなりの時間を要しますが、成虫になるとほとんど水だけで、光を放ちながら飛び続け、短い生涯を終えるそうです。

「蛍二十日に蝉三日」といわれます。
先人は蛍や蝉に人生のはかなさを感じ取っていたようですが、現在は人生100歳時代です。

世界屈指の長寿をいかに心豊かに過ごすか?
この言葉からそれを学ぶことが大切と考えます。
そして一日一日を大切にしたいものです。

ところで日本には国民の祝日や年中行事を始め、いろいろな記念日が沢山あります。各種団体、民間企業が定めたものまで含めると実に2800を超えるそうです。

ちなみに人が生活をするに当たり、大切にしたいものの一つに「時」がありますが、6月10日は「時の記念日」です。

日本の新幹線にせよ航空機にせよ、その時間の正確さは世界一といわれていますが、その原因は、「時の記念日」が1920年に制定されたおかげかもしれませんね。

時間をきちんと守り、欧米のように生活の改善を図り合理化を図ろうという趣旨で制定されたようですが、この効果は素晴らしかったのではないかと思います。

ではなぜ6月10日になったのでしょうか?

その昔、天智天皇が唐から伝わった「水時計」を671年に建造して、太鼓を叩き、鐘を打って時を日本で初めて伝えたのが、現在の暦に換算すると6月10日だったという説が有力です。

そのような歴史をたどったおかげでしょうか、今の日本は非常に時間に正確ですが、「時の記念日」は国民の休日ではないので意外に知らない人が多いようです。

改めて時間を守ることの大切さと、時間を大切にすることを認識したいものです。

江戸時代の人も時間をとても大切にしたようで、「時間泥棒」という江戸しぐさがあります。

時をどのように盗むの?と疑問がわくかもしれませんが、例えば相手の家にアポイントなしで突然訪ねていくこともしかりです。
また約束の時間を守もらないことを、「時間を奪う」ととらえていたようです。

江戸時代の人がモノや時までを大切にしていたということは理解できますが、当時の一般庶民は、大名のように正確な時計は持ち合わせていません。
従って時間の約束も無理なような気もします・・・。

例えば水時計の前は「日時計」だったと思います。
しかしこれは、日中はある程度役に立つとしても夜はダメでしょう。

さらに一日を12等分して、12支を当てはめていたようですが、日の出を「明け六つ」、日の入りを「暮れ六つ」として時刻を表していた時もありました。

総じて今では考えられないくらい大まかだったのではないでしょうか。
太陽が昇れば起き、腹が減ればご飯を食べ、日が暮れれば眠る・・・。
優雅な暮らしだったかもしれませんね・・・。

今の日本では3食べるとともに、3時には「おやつ」をいただきます。
このおやつの語源ですが、当時の日本独自の時計では午後2時から4時頃までが「8つ時」に当たりました。

江戸中期頃までは一日2食だったようです。
だから午後3時くらいには小腹が減り、間食をします。
「やつ時」に食べるので、「お八つ」が「おやつ」になったといわれています。

3度の食事に加え、優雅なティータイムができることに感謝するとともに、時間泥棒にならないように、他人の時間を尊重するよう心がけたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1692《孤独を防ぐコミュニケーションスキルと地域交流》

世界屈指の孤独な国といわれる日本で、特に深刻なのは中高年齢者の男性でしょう。しかし勤務中は職場の人間関係...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1691《最近とみに希薄になった人間関係。どうする?》

いつの世も人は人に関心を持ちます。1人では生きていけないからでしょうか・・・。前回「中高年の孤独」に触...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ