コラム

 公開日: 2018-05-16 

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】

日本は世界屈指の長寿国になりました。
経済が豊かになり栄養状態が良くなったこと、医療制度や医療技術が充実していること、国民の健康への関心が高くなったこと、そして平和な国であることが大きな原因と考えられます。

とても喜ばしいことですが裏を返せば高齢者が多い国ということです。

高齢化は急速に進んでいますがこれに少子化が伴っているので、日本は人口減の社会になっています。

ちなみに出生数はついに100万人を切りましたが、死亡数は130万人を超えています。

現在高齢化率が21%を超えて超高齢社会になっていますが、ではこの次に訪れるのはどんな社会形態かといえば、まさに「多死社会」ということになります。

つまりこれからは多死社会への対応が求められるわけですが、どのように死を迎えるかについても考えておく必要があるでしょう。
プライベートでもビジネスでも死に直面する機会はますます増えそうですね。

ところで冠婚葬祭の中でも、逝く人との別れを惜しむ儀式は特に厳粛に執り行われますが、これも最近かなり商業化され、本来の意味が薄れてきた面も多々あるように思います。

そこで改めて通夜・葬儀・告別式に触れてみたいと思います。

生きている限り、死は避けて通れません・・・。
故人を悼む儀式は宗派により様々ですが、いずれにせよ個人や遺族の心を大切にしたいものです。

古人は死を大変恐れていたようです。
しかし仏教伝来後、先祖の霊は神格化され、「ご先祖様」として私たちを見守ってくれる存在になり、現在では死を悲しむだけでなく、旅立ちとして捉えるようになってきた感があります。

さらに仏式、神式、キリスト教式により葬儀に対する捉え方は異なりますが、遺族への挨拶や、霊前での振る舞い方などは事前に理解しておきたいものです。

勿論どのような形式にせよ、通夜や葬儀、あるいは法事に出席するうえで最も大切にしたいのは、個人の死を悼み、遺族をいたわる思いやりの心ではないでしょうか・・・。

ちなみに、一般に弔事の知らせは、その通知を受けた人が必要と思われるところに知らせあうのがしきたりです。

昔は使者を立てて行っていたようですが、現在はコミュニケーションツールも多岐に用意されているので、朝夕問わず瞬時に知らせることができます。

すぐに知らせる必要がない人には、通夜と葬儀の日時、場所が決定してから知らせればいいと思います。

次回は「通夜」についてです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1679《法要の心得》

法要は「法事」ともいいます。死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。ちなみに死後の...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ