コラム

 公開日: 2018-04-18 

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】
次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。
主賓や上司が箸を持ったらそれに倣えばいいでしょう。
またビジネスシーンでは「割りばし」が多いと思いますが、この箸は両手で持ち、箸を横にして、上下に割ってください。
この際背筋を伸ばすよう注意してください。

和食は「箸で始まり、箸で終わる」といわれるくらい、箸使いは大切ですが、箸を使用しない時は箸置きに置いて下さい。

ちなみに箸が汚れていい部分は2,5㎝からせいぜい3㎝までです。
箸置きにはこの部分を出しておくといいでしょう。

加えてマナー教本には「忌み箸」といって、不作法といわれる箸使いが掲載されています。

「迷い箸」「ねぶり箸」「移し箸」「探り箸」「刺し箸」「寄せ箸」「涙箸」等などですが、じつは不作法といわれる箸使いは80種近く存在します。

先人がいかに他者に不快感を与えないように箸使いに神経を注いだのかがよくわかりますね。
日ごろから美しい箸使いを心がけて下さい。

【食べ方のマナー】
さらに和食は基本的には大皿を除き、手で器を持って食べます。
世界の食事のマナーの中でもユニークなマナーだと思います。
「手盆(手皿)」はお勧めできません。

「一匹丸ごとの魚」は頭の部分から尾の部分へと食し、上側を頂いたら頭と背骨を外し、下のみを食します。
ひっくり返さないようにしてください。

※次回は手盆や魚を裏返やしてはいけない理由にふれます。

最後に、終わった後の自分のテーブルをよく観察して、もとの綺麗な状態に整えて下さいね。
箸は箸袋に入れて前に置きます。
食事が終わった後の食卓には、その人の品格が現れます。

【酒のマナー】
会席料理に酒はつきものですが、日本酒を継ぐときには右手で徳利の胴の部分をしっかり持ち、下側に左手を添えればいいでしょう。
熱燗の場合は徳利の首の部分を持ってもいいでしょう。

酒を頂くとき(受ける時)には杯を右手でもち、左手を軽く添えます。
全く酒が飲めない場合は、懐紙を二つ折りにしてその上に杯を伏せればいいですが、懐紙がない場合はそのまま伏せてもいいでしょう。
手を盃の上に添えて口頭で断わってもいいと思います。

【懐紙の使い方】
最後に和食の必需品である「懐紙」の使い方に触れておきます。
〇手盆の代わりに使用して料理のこぼれを防止する。
〇テーブルの汚れをふく。
〇魚の頭や骨などの食べ残しを隠す。
〇果物の種を取ったり、爪楊枝を使用する際、口元を隠す。
〇メモにも使えます。

和食の席には懐紙をお忘れなく。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ