コラム

 公開日: 2018-04-09 

マナーうんちく話1648《万国共通のもてなしの極意とは?日本語留学生を我が家でもてなししました

春の陽光の中を、風がそよそよと吹き渡るさまを昔から「風光る」と表現しますが、うららかな春の日に山々の様子を見ていると非常に穏やかな気分になります。

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、今まさに山笑う頃です。

「マイベストプロ岡山」にコラムを寄せるようになり7年が経過しました。

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」といわれますが、7年もたてばコラムの数だけはどんどん増え、今では1600を超えました。

いつまでたってもつたない文章ですが、数が増えれば、全国各地の多くの人といろいろなご縁が持てることは確かで、講演会や研修会にお声をかけて頂くほかにも、新聞社、テレビ局や個人の方からの質問も多く寄せて頂くようになりました(深謝)。

中でもうれしいことは、遠方より、わざわざ訪ねて下さる方が大変増えたことです。

桜が満開になった4月の初めに、日本に日本語を学びに来ている台湾の留学生が我が家を二泊三日で訪問してくださり、夫婦でおもてなしをさせていただきました。

学生時代から夢であった日本文化を学びにやってこられた既婚の中年女性で、子育てがひと段落した母親でもあります。

最初の日は「晴れの国岡山」を代表する行楽地であり、日本3大名園の一つである「後楽園」をご案内しました。

満開の桜に誘われて来園した着物姿の人も大変多く、美しい庭園と日本の国花ともいえる桜、そしてお城の風景がとても気に入っていただけたようでした。

夕食は我が家の手料理の和食を召し上がっていただきましたが、丁度月遅れの「雛祭の」時期でしたから、「白酒」と「手作りの甘酒」も楽しんでいただきました。

2日目はさらに日本の文化を堪能していただきました。
妻が華道教師でお花にお茶をたしなみ、さらに7年前から近所の公民館の着物の着付け教室に通っている関係で、朝から「着物」を着て頂き記念写真。

その後、「抹茶」を簡単な作法を交えて体験。
昼ご飯は3人で「お好み焼きと焼きそばパーティー」。
午後は「生け花」も経験していただき、その後スーパーに買い物に行きました。

夕食は「手巻きずし」で日本酒とともに楽しんでいただきました。
すし飯の作り方を熱心に勉強され、帰国後は台湾の家庭で早速作りたいとのことでした。

もともと日本の「年中行事やしきたりや作法」に興味を持たれていたので、3日目の午前中はその話をさせていただき、昼は地域自慢の桜の名所で、手作り料理の「お花見」をしました。その後「ワラビ狩り」を初体験していただきました。

花見は日本古来の伝統行事ですが、満開でしかも風が強かったので「桜吹雪の中での食事」に感激していただいたようで、とてもタイミングが良くラッキーでした。

日本は世界に誇る「おもてなしの文化」があり、地域には独特のおもてなしスタイルもあるようですが、もてなす側は「相手の心の負担にならないようにさりげなく」、そしてもてなしを受ける側は「遠慮の気持ちをごくわずかに持ちながら感謝の気持ちで」がポイントです。
従って営利を目的にしないおもてなしは、「する側」も、「される側」も本当に気持ちいいもので、ここに心と心の交流が生まれます。

最後に二泊三日で体験した日本の「行楽地」「年中行事の花見」「ワラビ狩り」「日本酒・甘酒・白酒」「和食」「お茶」「お花」「着物」「日本のしきたりの話と作法」のうち、どれが一番良かったと尋ねました。

答えはいずれでもありませんでした。

二泊三日の訪問で一番、楽しい・嬉しい・幸せと思い感動したのは「常に笑いのある会話」だったそうです。
万国共通のおもてなしのポイントは意外にここにあるかもしれませんね。

女性であり、母である人だけに大変気づかいができる人で、私たちも自己満足だけではなく、おもてなしを通じ、今回も沢山のことを教えて頂いたような気がしました。

次の機会にぜひ生かしたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1650《知って得する「ありがとう」の言葉が伝わる素敵な言葉②》

〇「身に余る」日本人は謙虚を美徳としてきましたが、「身に余る」とは自分にはもったいないほどの素晴らしい」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ