コラム

 公開日: 2018-03-29 

マナーうんちく話1642《マナー講師が贈る新社会人へのエールと心構え》

春告げ花の梅が見ごろを終えて桜にバトンタッチしたかと思えば、早くも燕が飛来しました。

こうしていよいよ日本列島は春本番を迎えワクワク気分になりますが、新社会人の胸中は何かと複雑だと思います。
期待も大きいし、その分、不安も少なくないでしょう。

ちなみに春の色は青色で表現されますが、「青」とはまさにそのような色だと思います。空や海や水をといった美しい自然のイメージで、好感度が非常に高く、多くの人が好む色だといわれています。加えて希望、信頼、誠実、爽やかな意味もあるようです。

一方「青二才」「青梅」「青臭い」という表現もあり、未塾という意味も含んでいます。
さらに青い春、つまり「青春」とは夢や希望に満ちた時代を言います。

ところで毎年実施されていますが新社会人に対する意識調査では、期待する項目では「学生から脱皮して社会人になることで自分自身が成長できる」という答えが多いようですね。

まさに青春の特権だと思います。

しかし不安なことも結構あるようで、毎年のことながら「職場での人間関係」と「仕事ができるかどうか」がトップに位置しています。
また朝が起きられるか?どうか?不安に思っている人が意外に多いようですね。

学生から社会人になる時には人生の中で最も大きな転換期ですから、期待も不安も全てうなずけます。

このことは新入社員として会社に入る人も、それを迎え入れる人も同じでしょう。
先輩も上司も新たに入ってくる人と仲良くやっていけるかどうかについては大きな不安を抱えています。

その反面、新入社員に対する期待も大きいはずです。
「新入」とは新しく入ると表現します。
つまり組織に新しい風を吹き込むということでしょう。

家庭や社会にとって「子は未来を切り開く宝」と言いますが、企業にとって「新入社員は新たな風を吹かせる希望の存在」でしょう。
それだけにしっかりした心構えを大切にしてください。

まず仕事は初めてな経験ですから、ゆっくり時間をかけて取り組めば、ほとんどのことは何とかなるものです。入社早々は誰しも横並びです。

だからどんな仕事であれ、与えられた仕事に対して一生懸命であってほしいと思います。しかし日がたつにつれ自分次第になり、最終的にはどれだけ会社に利益をもたらすかが問われます。
とりあえず1年は、目の前の仕事に本気になるのもお勧めです。

そうはいっても、入社したらその瞬間から仕事ができようが、できまいが給料が入ります。給料を頂く以上、何か会社に貢献しなければなりません。

どうする?

「若さ」「爽やかさ」を発揮することではないでしょうか・・・。
そして入社早々すぐできる仕事は「挨拶」だと思います。
若者らしい爽やかな挨拶を徹底していただきたいものです。

加えて社会人としての生き方を心得て頂きたいと思います。
最近の多くの新入社員は働き方改革の影響でしょうか、「楽しい生活をしたいから働く」という人が多いようですが、社会はそんなに甘くはないと考えます。

ある程度の我慢も必要です。
努力も希望を大切なキーワードです。
また何があっても常に誠実であってほしいと思います。

不器用でも、人生を前向きにとらえ、希望を抱き、努力をして、誠実であって欲しいと思います。
そんな人を周囲の人はほっておきません。

次回はさらに詳しくコミュニケーション、挨拶、人間関係作りに触れてまいります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1650《知って得する「ありがとう」の言葉が伝わる素敵な言葉②》

〇「身に余る」日本人は謙虚を美徳としてきましたが、「身に余る」とは自分にはもったいないほどの素晴らしい」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ