コラム

 公開日: 2018-03-06 

マナーうんちく話1630《腹の虫がおさまらない時の対処法。「啓蟄」に寄せて…》

一雨ごとに気温も上昇し、日差しも少しずつではありますが暖かく感じるようになってきましたね。

こうなってくると心も前向きになり「さぁー頑張るぞ」という気分になります。
この気持ちは人だけではありません。
虫たちもそうでしょう。

3月6日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」です。
「啓」は開くとか夜が明けるという意味で、「蟄」は土の中で冬ごもりしている虫を意味します。

つまり「啓蟄」とは、寒い冬の間土の中でじっとしていた虫たちが、春の気配を察して土の中から、地上に顔を出す頃という意味で、二十四節気の中ではよく知られている言葉だと思います。

ちなみに3月になり草木が芽吹いてくると、虫たちは地上に出て「今日は」するわけですが、「虫」には爬虫類や両生類も含まれます。

昔は今のような複雑多様な分類はなかったので、蛇もトカゲもムカデもみな虫という表現になりますが、実際に3月の初旬に蛇やトカゲに出会うことはありませんね。

そういえば昔は、人の腹の中にも多くの虫がいたようで、「虫下し」などを飲んだ記憶があります。

今の日本は食品の安心・安全にかけては非常に敏感で、衛生管理も徹底しておりますが、貧しかった時代の日本は衛生状態も悪く、体の中に寄生虫を宿している人も結構いました。だから虫下しの薬を飲んで、体の中に寄生している虫を駆除するわけです。

この他今でも空腹時になると「腹の虫が鳴く」ことがあります。
この現象はあまり神経質になることはないと思いますが、気になるようでしたら、腹式呼吸をしたり、姿勢を整えるのもいいかも・・・。

しかし、むかついてイライラがおさまらない、腹の虫がおさまらない場合は問題ですね。

古今東西「怒りの感情」は誰にもあります。

怒りの感情をコントロールするのは難しいかもしれませんが、すぐに怒りの感情を外に出してしまったら後で後悔することも多々あります。

イライラが募り癇癪(かんしゃく)を起こしてしまうのも考えものです。
では、どうする?

我慢することも大切です。
怒りの感情は一時的で、そんなに長くは続きません。
10秒くらいは我慢すればだいぶ収まるでしょう。

この他とりあえずその場から離れ、水を飲むとか、深呼吸をすればかなり気が休まります。
「ちょっと手洗いに行ってきます」などといって、その場を離れることもお勧めです。

短気な人も多いと思いますが、常に冷静を心がける訓練も必要でしょう。
後になって考えてみると、怒りを発散させてメリットになることはあまりないものです。

二十四節気をさらに3等分して一年を72に分類し、気象や植物や動物の変化を短い文章で簡潔に表現したものが「七十二侯」ですが、「啓蟄」の半ばの3月11日頃から15日頃は「桃初笑」です。

桃の花が咲き始める季節という意味ですが、先人は花が咲くことを「笑う」と表現しました。

「腹の虫」がおさまらない時に笑顔というのは難しいかもしれませんが、怒った時、気分が悪い時、イライラする時こそ笑顔を大切にしたいものですね。

二十四節気や七十二侯には、日常生活を心豊かにしてくれる美しい言葉が本当に多くあります。外国語もいいでしょうが、日本語には世界に誇る美しい言葉がたくさんあるということも気に留めて頂ければと思います。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1687《「包装」に込められた相手を尊ぶ日本人の心意気》

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1686《神様への感謝とお願い!日本の贈答の起源》

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1685《時の記念日と時間泥棒》

梅雨に入り蛍が飛び交う頃になりました。蛍は成虫になるまでかなりの時間を要しますが、成虫になるとほとんど水...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ