コラム

 公開日: 2018-02-22 

マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。
また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。

情けのこもった目つきは、口でものを言うのと同じくらいに、相手に気持ちが伝わるという意味で使用されます。
よく似た言葉に「目は心の窓」がありますね。

「話し上手は聞き上手」といわれますが、相手の話を聞くとき、及び相手と話をするときには、相手の目を見ることが大切です。

つまり相手の目に視線を合わせるということですが、合わせればいいものではありません。
ここが難しいところです。

よそ見をしながら聞いたり、話したりはいけませんが、絶えず見られたらかえってストレスになります。

個人差もありますが概ね「見る」、と「外す」を2対1くらいがいいのではないかと思います
加えて大切なことは眼だけを動かすのではなく、目と顔を一緒に動かしてください。

もともと日本人は相手の目を見て話すのは苦手なようです。

無理もないことで、江戸時代の武士の社会では、主従関係が大変明確で、家来は主君に対して、どのような態度で接するかが決められていました。
厳格な作法が存在していたということです。

礼儀作法を心得ることに優越感を抱き、町人や農民などの一般人との差別化を図ったのでしょう。

言葉を発せずとも、相手に敬意や感謝の意を表現する「お辞儀」もしかりです。
お辞儀には「座礼」と「立礼」がありますが、いずれも非常に美しいコミュニケーションツールです。

また視線のマナーにも大変重きを置いていたようですが、残念ながら現在のスタイルとは異なります。

当時は相手が上位者であればあるほど、視線を落とさなくてはなりません。
テレビドラマでもよく見かけますね。

しかし明治維新以後に欧米のマナーが伝わり、「握手」というコミュニケーションを経験するようになり、この時点で改めて相手と視線を合わせる必要が生じてきます。新しい文化に遭遇することで戸惑う事も多かったと思います。

次第になれていくことが大切ですが、ポイントは次の通りです。

〇概ね2秒くらい視線を合わせたら1秒くらい外す。

〇眼だけ合わせようとしないで顔と目を一緒に動かす。

〇これぞという時には相手の目を真剣にみる。

〇直接目を合わせにくいようでしたら、相手の両眼と鼻の逆三角形の部分を見る

〇目と胸の高さで、幅は左右の肩の範囲を見る。

〇複数の人と話すときには、話をしている人に顔と目を合わせます。

今では、視線を合わせるということは心と心が交流するということです。国際化時代に向けて、キチンと視線を合わしながら会話ができるようになりたいものです。

ちなみに食事の際の視線は、箸で料理をつまむときには視線は料理に向け、口に入れたら視線は相手に向け、以後会話を楽しんでください。
この際、料理は一口サイズを心がけると話がしやすくなります。

日本人の立ち居振る舞いの美しさは欧米人に勝るとも劣らないと思いますが、どんな美しい立ち居振る舞いでも、視線一つでその美しさが損なわれることがあります。
日頃から視線を意識してくださいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1687《「包装」に込められた相手を尊ぶ日本人の心意気》

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1686《神様への感謝とお願い!日本の贈答の起源》

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射...

[ 贈答のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ