コラム

 公開日: 2018-02-13 

マナーうんちく話1616《今流の男の礼儀作法②「今、改めて礼儀作法とはなに?」》

【希薄になった日本人の礼儀作法】
朝、家族、地域、学校、職場等で人に会ったら「おはようございます」と挨拶ができますか?

喫茶店で水とお絞りを持ってきてもらったら「ありがとうございます」とお礼が言えますか?

粗相をしたら素直に認めて「ごめんなさい」と謝ることができますか?

こんなことは当然と思われるかもしれませんが、今当たり前のことができない人が非常に増えてきたという気がしてなりません。

子どもなら仕方ないにしても、大人でさえできていないのが現状ではないでしょうか。
つまり大人も心を込めて相手に気持ちを伝えることが苦手になっているということです。さらに言い方を変えると、子どもに教えるのと同じことを、大人に言わなければいけないということです。

現に今の日本では、全国のどこかで「謝罪会見」があります。
政界、芸能界、スポーツの世界、財界、学校、病院、施設、各種団体などなどにおいて・・・。

恐らく謝罪会見は日本独特のものだと思いますが。それらを見ていると目や耳を疑うものも珍しくありません。
本当に誠意がこめられているものがあまりにも少ないと感じます。

日本は昔に比べ比較にならないほど物が豊かになり、便利になりましたが、こころは決して豊かではなく、貧しい限りで、これでは日本はハッピーな国にはなれないでしょう。

改めて《礼儀作法》の必要性を痛感します。

【礼儀作法とは】
便利で豊かな生活にすっかり慣れているせいで「礼儀作法」と聞けば、窮屈とか堅苦しいと思う人が多いかもしれませんね。

しかし「思いやり」「感謝」「尊敬」の気持ちを抱き、それを言葉や態度や文章などで具体的に表現したものと思えば、非常に身近なものになり、愛着がわきます。

家庭、地域、学校、職場などでは、多くの人が交わるわけですが、相手のことを尊重して大切に思うことにより、よりよい交流が生まれます。
つまりその心を形で表現することが礼儀作法です。

「礼儀」とは心、「作法」とは形と思っていただいたらいいでしょう。
早い話礼儀作法とは《心と形》で構成されるということです。

但し心を形で表現することは簡単ではありません。
昔は公家には公家の、武家には武家の表現の仕方が存在していましたが、今はグローバルな時代です。

日本式の表現の仕方と国際基準は異なります。
それぞれ知識として理解する必要がありますので、これから様々なケースに触れてまいります。

ポイントは「なぜそうなるのか?」という合理的な理由を正しく把握することです。お辞儀にはお辞儀の理由があり、握手にはなぜ手と手を握り合うのかという合理的な理由が存在します。

また日本では箸は横に並べますが、これにも深い理由があります。
一匹丸ごとの魚の頭は左になりますが、ここにも豊かな精神文化があります。

さらに扇子を置いて挨拶する理由や、畳にふちを踏んではいけない理由、なぜ座布団が生まれたのか、襖や障子にはなぜカギがかけてないのかなどを詳しく理解すればするほど、平和な時代背景の中ではぐくまれた日本の礼儀作法に魅力を感じて頂けると思います。

これから先人が築いた素晴らしい文化に、今流の感性も加味しながら、様々な視点で礼儀作法に触れてまいります。
是非お付き合いください。
人生が好転するかも・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1679《法要の心得》

法要は「法事」ともいいます。死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。ちなみに死後の...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ