コラム

 公開日: 2018-01-14 

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。

1月15日はその正月が半分過ぎた日になります。

「新月」をその月の初日とする太陰太陽暦が採用される前の日本では、「満月」をその月の初日にしていたようです。

その名残で、満月となる1月15日を一年の始まりとするのが「小正月」です。
勿論現在は新暦ですからあてはまりません。

1月1日は「大正月」で、1月15日を小正月として残った風習のようですが、最近ではすっかり暦から消えてしまいました。

この日に「小豆粥」を食べると一年の邪気を払うといわれておりますが、1月7日に、同じ目的で「七草粥」を食べ、11日には鏡開きで「ゼンザイや雑煮」などをたべたばかりですから、関心が薄いかもしれませんね。

ちなみに小豆の赤色は邪気を払う効果があると考えられております。

昔は物が豊かではなく、便利でもなかっただけに、時間はスローに流れていきます。
だから正月行事も、元日、三が日、松の内、さらに七草粥から小豆粥へと流れてゆき、正月気分が次第に薄れていくわけですね。

また元日を「男正月」、15日を「女正月」として、1月15日は特に主婦が骨休みをする地域もあるようです。
昔は男性優位のように思えますが、意外に女性にも優しかったかもしれませんね。

さらに1月16日は年に二回ある「藪入り」の日でもありました。
昔はほとんど住み込みで働いていたわけですが、7月16日と1月16日は、商家で働いている若者や、嫁いだ女性が実家に里帰りする日です。

7月15日はお盆で仏さまが里帰りする日で、1月15日は小正月で神様の里帰りの日ですから、それに合わせて自宅に帰り、神仏に手を合わせたわけです。

さらに地域により日にちは異なりますが、1月15日は「左義長」「とんど焼き」と呼ばれる火祭りがあります。
地域によっては1月14日が日曜日ですから、この日に行われるところも多いと思います。

もとは正月のお飾りや古いお札などを寺や神社にもちより燃やす行事でしたが、地域の公民館や運動場などで行われる場合も多いようです。

いずれにせよ、歳神様はこの煙に乗って天にお帰りになると信じられています。
またこの火で餅などを焼いて食べると厄払いになるとされています。

今も昔も、厄払いに対する思いは変わらないようですね・・・。

そのうち厄除けのロボットなどもできるのでしょうか・・・。
「七草粥」や「小豆粥」を食べたほうが気分的には、効果が大きいように思うのですが・・・。

※この文章の中で「厄除け」「厄払い」の言葉を使用していますが、後日その意味の違いに触れます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1687《「包装」に込められた相手を尊ぶ日本人の心意気》

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1686《神様への感謝とお願い!日本の贈答の起源》

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1685《時の記念日と時間泥棒》

梅雨に入り蛍が飛び交う頃になりました。蛍は成虫になるまでかなりの時間を要しますが、成虫になるとほとんど水...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ