コラム

 公開日: 2018-01-11 

マナーうんちく話1598《「お里が知れる」!?靴の脱ぎ方・揃え方のマナー》

最近ではあまり使われなくなりましたが、日本には「お里が知れる」という諺があります。

どんなに繕いでも、「その人の言葉遣いや振る舞いで生まれ育ちが解る」という意味で使用されます。

「お里」は生まれ育った実家の家庭環境と捉えたらいいと思います。
また素性や経歴を意味する場合もあります。

差別用語と捉えている人がいますが、お里自体を特定していないので私は差別には当てはまらないと思います。

むしろこの言葉は日常生活の中で生み出され、昔から多くの人たちの間で言い習わされてきた言葉で、子どもの振る舞いの悪さでその親、さらにその親を育てた祖父母の素性までわかってしまうという意味で広く使用されてきたようです。

確かに上から目線のようで、昔の姑が嫁に言う常套句のようでもあり、聴いていても心地よい響きではありませんね。

それはさておき、お里が知れる行為の代表格といえば、箸使いや履きものの脱ぎ方ではないでしょうか。

他家を訪問した時に、玄関がきちんと整理整頓されていれば、その家の主の人柄や品格が容易に想像できるから不思議ですね。

そこに小さな子供がいて、小さな履物がきちんと揃えられていれば、お母さんの人柄が理解でき、微笑ましくなり好印象を受けるでしょう。

ところで国際化が今のように進展していなかった頃、日本に来た欧米人は日本人の靴に紐がないのに驚いたといわれています。
理由がお判りでしょうか?

江戸時代までは下駄や草履が一般的でしたが、明治以降に洋服文化とともに靴を履くようになりました。
色々な面で西洋ナイズされたということでしょうが、西洋の文化と異なる点は、日本では靴を脱いで部屋に上がります。
西洋は靴を履いたままです。

従って西洋と日本ではコートの扱いにもマナーの差があります。
日本では家の中に入る時にはコートを脱いで入りますが、欧米ではコートを着たまま入り、主から「コートを預かりましょうか?」と言われたらコートを脱ぎます。

原則として日本では靴を脱いで上がりますから、靴の脱ぎ方にも厳格なマナーが存在するわけです。

従って靴はきちんと揃えることが大切です。
また揃え方ですが、草履は下駄の時代と同じで、先を外に向けて揃えることです。

一端靴を脱いで上がり、自分の手で履物の方向を変えて、先を外側に向けて揃えて置くようにしてください。
できれば揃えた靴は玄関の端に置きますが、下駄箱があれば下駄箱がある場所が下座になるのでそこがいいでしょう。

但し旅館ら料亭で履物係の人がいる場合は、自分の脱いだ靴を自分で揃えないで履物係の人にお任せすればいいでしょう。
この際「お願いします」とか「ありがとうございます」の一声添えてください。
客としての株が上がります。

訪問者が感じた印象を今度は逆の視点でとらえた場合、履きものの脱ぎ方次第で、主にそれなりの印象を与えることも確かです。

客間に通されても、玄関先での印象が良ければ、訪問者としての人格は一応評価されるでしょう。

履きものの脱ぎ方、揃え方次第で、その人の人柄まで評価される、つまり「お里が知れる」のは、履物を脱いで部屋に上がる日本独特の油断できない作法と心得ておきたいものですね。

他家を訪問した時、他者に訪問された時、来た時と、帰るときには合計2度玄関を通ります。履きものにはくれぐれも気を付けてくださいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1687《「包装」に込められた相手を尊ぶ日本人の心意気》

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1686《神様への感謝とお願い!日本の贈答の起源》

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1685《時の記念日と時間泥棒》

梅雨に入り蛍が飛び交う頃になりました。蛍は成虫になるまでかなりの時間を要しますが、成虫になるとほとんど水...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ