コラム

 公開日: 2017-12-13 

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。
小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみの「赤穂浪士の討ち入りの日」ですが、この大事件に実はマナーが深くかかわっていることをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

時は徳川5代将軍綱吉の時代。
当時は正月になると江戸城に天皇の使者である勅使を迎える儀式がありました。
現在のビジネス社会でもそうですが、大切なお客様をお迎えして接待するには接待係が必要です。

この接待係を務めた一人に赤穂藩主浅野内匠頭がいたわけですが、武家には武家の作法があるように、公家には公家の作法があります。
接待役は両方に精通しなければなりません。

そこで公家の古式風習や作法に詳しい高家筆頭の吉良上野介に教えを請い、いろいろなことを学ぶわけですが、事がうまく運びません。

「教え方が悪いから」ということで、浅野内匠頭が江戸城内で吉良上野介に刀で切り付ける事件を起こしました。

勅使の接待において、作法に関する失礼があり、武士の面目を失ったのは「教え方が悪かったから」という理由で、教え子が先生を襲ったことになりますが、これには諸説あるようです。

江戸城内で刀を抜くことは厳禁ですから、浅野内匠頭には思い罰が加えられ当日切腹、加えて浅野家はお家断絶になります。

喧嘩両成敗ならよかったのでしょうが、切り付けられた吉良上野介はおとがめなしです。

そこで赤穂藩筆頭家老である大石倉之助を中心とした47人、つまり47人の赤穂浪士が1702年12月15日の未明に、雪が舞う江戸で吉良上野介を打ちいったという物語で「忠臣蔵」として300年以上語り伝えられています。

刃傷沙汰になった詳しい動機や経緯は記録がないので憶測の域を出ません。
しかも300年以上の月日の中で様々な脚色、創作、演出が加味されたことは容易に推察できます。

しかし、殿様に対する忠義を、命を懸けて果たしたことに、多くの人が大きな感動を覚えたことは確かで、美学として捉えられています。

だからこそ次々と脚本がかかれ、NHKの大型ドラマを始め、民放でも年末の風物詩になるくらい人気が持続しているのだと思います。

当時のお役人は権力もあり経済的にも恵まれていたのでしょうが、それだけに凛々しく、潔かった気がします。

今年も政治家の不祥事がうんざりするくらい報じられましたが、あまりにも次元が低すぎる内容に思えてなりません。
また潔さのみじんも感じられません。

恐らく、当時の江戸城内における儀式に要求される礼節は、非常に高度であったと思います。特に公家の接待を武家が執り行うとなれば武家礼法と公家礼法に通じることが必要になります。
洗礼主義もはなはだしかった時代においては大変だったと思います。

それだけにやりがいもあり、晴れ舞台にもなるはずです。
接待係としてのプライドも誇りもあったことでしょう。

しかし失敗すれば命を落とす覚悟も必要だったのかもしれませんね。
美学というものはこのような思いの中から目覚めるのかもしれませんね。

いずれにせよ、日本中を揺るがせた大事件の裏には「マナー」が大きくかかわっていたことは確かなようです。

指導的立場にある人、教育に携わる人、政治に携わる人にはぜひ《マナー美人》になっていただきたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1598《「お里が知れる」!?靴の脱ぎ方・揃え方のマナー》

最近ではあまり使われなくなりましたが、日本には「お里が知れる」という諺があります。どんなに繕いでも、「...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1597《世界共通の美しいテーブルマナーとは?》

食べることと飲むことは動物が生きていく上で必要不可欠な行為ですが、人間は他の動物と異なり、食べることに様々...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ