コラム

 公開日: 2017-11-20 

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】
水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。
最も多いのは「赤と白」で慶事全般に使用されます。

これにはいろいろな説があるようですが、室町時代に日本は明国と貿易をしており、祝い事の進物用に日本の役人が明に品物を発注しました。

明は日本に輸出する品物に、他の商品と区別するために紅白の紐を付けました。
その紅白の紐が付いた品物を受け取った日本の役人は勘違いして、祝い事には紅白のひもをつけると思ったわけです。

そして江戸時代になって、祝い事が紅白なら、弔事は黒白がいいのではとなったようです。ほかにも色の組み合わせがあるので触れておきます。

〇白赤⇒慶事全般。儀式にも使用できます。
〇金銀⇒結婚祝いや長寿の祝い
〇白黒⇒仏式の香典など弔事に多く使用されます。
〇白黄⇒仏事、法事等
〇双銀⇒弔事用に用います。

そして紐は自分でも結ぶことができますが、基本は濃い色が右に来るようにしてください。

最後に水引を使用する慶事の祝い品や、お歳暮のような儀礼的な贈答品には右側に「熨斗(のし)」をつけます。

「熨斗」は「あわび」をたたいて伸ばした「のし鮑」のことですが、祝い事がいつまでも続くようにとの願いを込めています。

つまり「引き延ばす」という意味があるので、病気見舞いや弔事にはお勧めできません。

ではなぜ鮑なのでしょうか。
和食、洋食、中華でも鮑は高級食材で美味とされていますが、一番の理由は鮑が長寿だからです。

さらに、ここで「祝儀」にふれておきます。
祝儀とは祝いの儀式で、「結婚祝いや出産祝い」を意味する場合と、「お祝いごとに贈る贈り物や金銭」を意味することもあります。

本来は紙で包み、水引をかけ、熨斗を付けるわけですが、心づけやチップの意味でも用いられるケースもあります。

祝儀袋というものがありますが、お年玉や心づけに用いられます。
なお慶事の「表書き」は濃い墨で書くのがお勧めですが、筆ペンでもいいでしょう。

【リボン】
日本の水引に対して西洋には「リボン(ribbon)」の文化があります。
リボンの歴史も古く、古代ローマから広く使用されてきたようですが、日本に伝わったのは明治維新以後です。

もともと日本は贈り物が盛んな国ですから、普及するのも早かったと思います。
加えて水引や熨斗にくらべ、厳格なマナーもないようですから、なじむのも簡単だったと思います。

用途は「品物のラッピング」を始め、「頭髪を結ぶ」「来賓の胸章」、さらに「テープカット」にも利用され、何かと便利がいいようですね。

【水引とリボンの決定的な違い】
品物を贈る際、水引をかけるか、リボンにするか、真心がこもっていればどちらでもいいようですが、水引とリボンには決定的な違いがあります。

リボンは「結んで解くこと」を前提としていますが、水引は基本的には固く結んで解けないようにして末永い交流を目的としています。

贈る目的、贈る相手、贈る品物の内容等に応じて臨機応変に対応してください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1573《品格がにじみ出る忘年会での振る舞い。好感のもたれる立ち居振る舞いとは》

今回は忘年会で、参加者としてどのように振舞えば良いのか?について触れておきます。忘年会は、いろいろな面...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1572《忘年会を盛り上げるにはコツがある②》

【忘年会の挨拶】忘年会には挨拶がつきものですが、幹事の開催の挨拶に続き、組織の長の挨拶があります。こ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ