コラム

 公開日: 2017-11-16 

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお歳暮の季節がやってきましたね。

最近は関連業者の熾烈な競争のせいか、年々派手になり、早くなっていますが何事にもタイミングが大切だと思います。

特にお歳暮は日本の古来の伝統ある贈り物で、それなりの文化や作法がありますが、デパートなどの宅配サービスを利用する人が増えたような気がします。

ところで贈り物には、贈るタイミングのほかに、「なぜ贈るのか?」という理由が大切ですが、それには様々な理由があります。

結婚、出産、入学、賀寿祝い等、そして病気や災害の見舞いなど等・・・。
さらにお願いやお詫びも加わり、まさに多種多様ですね。

そして贈られた方が、当然の代償だと思えばそのまま頂いたらいいですが、贈られた方が贈ってくれた人に世話になったと思えば、贈り返す場合があります。
いわゆる、「お返し」をするわけですね。

お返しには結婚祝い、賀寿祝い、病気見舞いもあれば香典返しもあります。
贈られた人に対する場合がほとんどですが、中にはまとめて慈善団体などに寄付するケースもあります。
この場合は、理由と謝意をきちんと表すことが大切です。

ちなみにお返しの場合は全額相当ではなく、頂いた理由により半額か3分の1程度のお返しをするケースが多いようですが、これは頂いたままにはできないが、さりとて全額相当のお返しをしたら、せっかく贈っていただいた人の気持ちを踏みにじむことになるからです。

しかし贈り物をいただきたくない場合もあります。
この場合は頂いた倍くらいのものをお返しして、「今後贈り物は不要」という意思表示をします。

さらに厳格に行えば、慶事か弔事か、相手が目上か目下かにより異なります。
基本は「目上には薄く、目下には厚く」です。

またいかなる場合もお返しは必要ではありません。
・災害見舞。
・目上の人からの栄転祝い等。
・お世話をした人からのお礼。
・企業や各種団体からいただいたものなどがそうです。

但し、相手がお返しはするものと捉えていれば、した方がいい場合もあります。
そして品物によるお返しが不要でも、お礼の言葉はぜひ発したいものです。

一方お返しに対して日本には「内祝い」という文化があります。
内祝いとお返しの境目が明確ではないようですが、お返しと内祝いは本来の意味は異なります。

内祝いは公にしない「内内の祝い」のことです。

例えば結婚や出産、そして新築したり病気が全快したりしたら、親族やごく親しい人同士にだけ、喜びの気持ちを伝えるために、祝いの品物を「内祝」と書いて贈るわけです。
略式で行われるのが普通です。

では、お返しとどう異なるの?という疑問がわくかもしれませんね。
「お返し」は、お祝いを贈ってくれた人が対象になります。

内祝いは、贈り物をいただいても、頂かなくても行われます。

しかしお祝いをもらっていない人に、内祝いを贈れば逆に、「お祝い」を催促した形の取られる恐れもあるかもしれません。
臨機応変にしてください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1701《蓮始開(はすはじめてひらく)》

夏空が広がり、夏の風が遠慮なしに熱気を運んできて猛暑日になっている地域がふえてきました。くれぐれもご自愛...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1700《暑中見舞い・団扇・扇子のうんちく》

白い色の南風「白南風(しらはえ)」が吹いたら、もうすぐ梅雨明けといわれますが、今年は数十年に一度の大雨とと...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1699《「水害御見舞」のマナー》

このたびの大雨により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして、くれぐれもお身体にご留意さ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1698《社交辞令にも素敵なマナーを》

プライベートシーンでもビジネスにおいても「社交辞令」を言ったり言われたりする場面は多々あります。例えば...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1697《大勢の中でキラキラ輝く人の共通点とは?》

長年ホテルで接客の仕事をしていますと、そこにどんな人がいるかで雰囲気が大きく異なるのがよくわかってきます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ