コラム

 公開日: 2017-09-24 

マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動します。

多くの人が一度や二度は燕とぶつかりそうになった経験をお持ちだと思いますが、最近燕の数が減ってきた感があります。

燕はカラスや蛇のような天敵から身を守るために、あえて人の存在がわかる家の軒下などに巣をつくるのですが、巣を作れる場所が減少したせいでしょうか。

稲につく害虫を食べてくれるので古くから益虫とされ「ツバメの巣がある家」は縁起がいいとか「千客万来」の象徴とされただけに、他の渡り鳥と違ってツバメが去っていくのは一抹の寂しさがありますね。

秋は食べ物が豊富に出回り、芸術の秋、スポーツの秋など前向きになれる季節ですが、何か寂しさを感じるのは、春と異なり去っていくものが多いからでしょう。

ところであなたは人から頼りにされるタイプだと思いますか?

人に喜ばれる、人の役に立つ、人に頼りにされる人はそれだけで幸せを感じることができるかも・・・。

そのためには「話し上手は聞き上手」も大切です。
一生懸命人の話に耳を貸し、それをきちんと理解すれば喜ばれるでしょう。

何かあれば一緒に行動してくれる人も、また頼りにされるでしょう。
痛みを共にすることも大切です。

お金を融通してくれる人も大いに心強いものがあるでしょう。

加えて、何かあればそれを素早く状況分析して、複数の選択肢を用意するとともに、とるべき行動をきちんと提案することも頼りにされる大きな要因でしょう。
特に上に立つ人はこの能力は必要不可欠だと思います。

人は突然ハプニングやトラブルが発生したら往生します。
予期せぬ出来事には弱いものです。
右往左往するばかりで、どう対処したらいいのか迷うことは多々あります。

そんな時に、身近に客観的に判断を下して適切なアドバイスをしてくれる人がいれば、いざという時には助かります。

しかし状況に応じて適切なアドバイスできる力は本を読んで身につくものではありません。
とにかくいろいろな経験を積み、総合的な人間力をつける必要があるでしょう。

ツバメは去っていきますが、この季節には鶺鴒(せきれい)が鳴き始めます。
日本を作ったといわれる「イザナギ」と「イザナミ」は結婚したものの、子どもの作り方を知りませんでした。
それを素早く察した鶺鴒は尾を上下に動かす動作をして、子どもの作り方を教えました。

そのおかげがあって「日本」という国が生まれたと神話にあります。
だから鶺鴒は「恋教え鳥」という名前を付けてもらって、結婚式にはたいへん頼りにされています。

加えて少子化が進展し、未来に暗雲が漂い始めている今の日本にとって一番頼りになる鳥かもしれませんね。

選挙のムードが高まっていますが、本当は政治家の中にいて欲しいと思うのですが・・・。
「この人は頼りになるひとかどうか?」・・・。
人を見抜く力も身に着けたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1702《そろそろ土用丑の日。うな重の美味しさをどう表現する?》

炎暑、猛暑、酷暑、どの言葉も当てはまる日々ですが、そんな中期待したい食べ物があります。江戸っ子は特に初...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1701《蓮始開(はすはじめてひらく)》

夏空が広がり、夏の風が遠慮なしに熱気を運んできて猛暑日になっている地域がふえてきました。くれぐれもご自愛...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1700《暑中見舞い・団扇・扇子のうんちく》

白い色の南風「白南風(しらはえ)」が吹いたら、もうすぐ梅雨明けといわれますが、今年は数十年に一度の大雨とと...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1699《「水害御見舞」のマナー》

このたびの大雨により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして、くれぐれもお身体にご留意さ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1698《社交辞令にも素敵なマナーを》

プライベートシーンでもビジネスにおいても「社交辞令」を言ったり言われたりする場面は多々あります。例えば...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ