コラム

 公開日: 2017-09-13 

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。
昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目安を把握していたようですが、自然と真摯に向きあい、月を身近に感じて生活していたので、月を愛でる文化が根付いたのでしょうか。

旧暦は月の満ち欠けを基にしてつくられていましたが、明治の初めに現在の新暦に変わったので、季節に大きなずれが生じ、先人の思いをくみ取ることが難しくなりました。

物の豊かさや利便性ばかりに重きが置かれるとともに、国際化の大きな波を受け、先人が長い時間かけて築いてきた素晴らしい文化が影を潜めていくのは、本当に申し訳ない気持ちがします。

ところで、日常生活で、人にものを頼むときや、謝罪をするとき、さらに感謝の気持ちを表現するときには、「すみません」という言葉を使用する時が多々あります。

敬語のように片意地張らずに自然に発することができて、大変便利な言葉ですが、その反面、なんでも使えるだけに意味がやや薄れる感があります。

そして気になるのが「すみません」の言葉を発する回数です。

ちなみに「すみません」は「すいません」とも言いますが、これは「すみません」の俗な言い方で、どちらのいい方にも違いはないようです。

「すみません」は「済みません」の丁寧な言い方で、依頼、感謝、謝罪に使用されます。
「すいません」か「すみません」かは、会話の中では聞き手がどうとらえるかですが、大した差はないようですね。

ただメールや手紙の場合は「済みません」のほうが、好感が持たれるようです。
「申し訳ございません」なら、さらに深みが出るかも・・・。

「すみません」の本来の意味は、例えば謝罪の場合は、「相手に大変失礼なことをしてしまい、このままでは自分の気持ちが澄み切れない」意味があるようです。

感謝の場合は、「世話になって何のお返しもできずすみません」となるようですが、やはりそれに一番ふさわしい言葉がいいと思います。

お礼だったら「ありがとう」が一番でしょう。
この言葉は発するほうも、発せられるほうも、それを端で聞いている人も好感が持てます。
だから何回発してもいいわけです。
むしろ多いほどいいでしょう。

「おいしい」「素晴らしい」「気持ちいい」などもしかりです。

しかし謝罪の時に「すみません」の連発は好感が持てません。
もちろん、スマートフォンを見ながら歩いていて相手にぶつかったときのような場合に、潔く謝るのはとても大事です。

しかしそれを連発して最後まで何度も謝るより、「すみません」と一回言葉に発したら、次は「大丈夫でしたか?」などと、相手に対する思いやりの言葉があったほうが好感を持たれます。

自分の非ばかりに心が動けば、相手の状況や現実が見えなくなる恐れがあります。
ただ何回も誤ればいいものでもありません。

相手の状況を正しく把握し、謝罪の言葉とともに適切な対応ができれば、心が晴れてきます。

先人はお月さまが次第に満ちてくるとそれに伴い、いろいろなものを吸収したようです。
心と体をリフレッシュしたわけですね。

逆にお月様が次第に欠けていきだしたら、いろいろなものを放出して上手にバランスをとりました。さすがです。

「美味しい」、「うれしい」、「ありがとう」など、人が聞いて気持ちよくなる言葉はなるべく多く発し、「すみません」、「ご愁傷さまです」のような、心が暗くなるような言葉は必要最小限にしたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ