コラム

 公開日: 2017-05-18 

マナーうんちく話1465《大切にしたい「その場の空気を読んだ」立ち居振る舞い》

大人として「してはいけない振る舞い」、「すべきではない振る舞い」は多々あります。特に女性は・・・。

しかし常に気を張っていたら身も心も悲鳴を上げるでしょう。
例えば仕事で接客をする時、商談時のプレゼンなどの場合は注意が必要ですね。

足を開く、腕を組む、足を組む、髪の毛を何度も触るなどの行為は慎んだ方がいいでしょう。

人の悪口やうわさ話もそうです。

しかしこれが仕事を終えて帰宅して、自分の部屋に入った状態ならどうでしょう。髪の毛を触っても、椅子に足を組んで座っても、足を開いてリラックスしてもだれにも不快感を与えません。

噂話も、人を貶めるようなことはいけませんが、内輪同士で身近な人や芸能ネタなどについてするのは、かえってストレス解消にも成るし、円滑なコミュニケーションの潤滑油にも成ります。

要は、それがどんな場面で、どんな人を相手に、どんな内容を、加えて自分がどんな立場でそこにいるかによって大きく変化するということです。

例えばプライベートタイムか仕事中か、相手は上司か部下か、女性か男性か、和のシーンか国際舞台かにより要求されるマナーが異なります。
だから難しいわけですね。

例えば和室と洋室、あるいは和のシーンか国際舞台かでは大きく異なります。
和のシーンで有ればまだまだ男性優位が強いので、女性は男性を立てて頂いた方がいいですが、フランス料理のレストランなどではレディーファーストの原則が働きます。

但し男性がレディーファースト心を発揮すれば、女性はタイミング良くそれを素直に受けるスキルもいるでしょう。

乾杯を急に頼まれた場合、和のシーンなら「三辞三譲」の原則が働くので、どんな偉い人でも一度は断って謙虚な姿勢を示します。
しかし洋の席ではスムーズに行うのがベターです。

さらに洋の席では椅子から立ち上がって乾杯をしますが、和室では座礼ですから座蒲団から下りた状態で正座して行います。

加えてオフィシャルなシーンでは敬語で話した方がいいですが、親しい仲間内なら方言の方が、親近感が湧きます。

いずれの場合も女性は特に姿勢と歩き方には気をつけて下さい。

《立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿はユリの花》を意識して下さい。
男性が女性を見る時には、意外に姿勢と歩き方を気にします。

一人で食事をする時に、足を組んで食事をする女性を多く見かけます。
この癖をつけていると、いざという時にも姿勢を正すことは難しいです。
なるべく姿勢を正して、長時間座れるようにするには日頃の心構えが大切です。

姿勢や歩き方は見た目ですが、次は内面から好感を持たれるのが話し方です。
話し方も日頃が出ます。
出来る限り自然な状態で敬語が話せれば鬼に金棒です。

自然と親しみ、時節の移ろいに敏感になることが大切です。
お隣の花壇を見て「今年も夏を告げる芍薬が綺麗に咲きましたね。本当にお手入れがよろしくて・・・」。
「おほめにあずかり光栄です・・・」。
「ではごめんくださいませ」。
これが敬語の世界です・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1618《どう思う?「ブランド志向」》

頭の先からつま先まで!ブランド商品で固めた人をよく見かけるようになりました。それだけ物が豊かになった...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ