コラム

 公開日: 2017-03-17 

マナーうんちくばなし1427《お彼岸にはなぜお墓参りをするの?》

梅がそろそろ見納めになりましたが、桜はまだ早い。
こんな時に目を楽しませてくれるのが桃です。

気温が上昇し「桃の花が笑う頃」になりました。
桃も梅や桜と同じように、葉が出る前に花が咲きますが、特に水分が多いので昔は「水菓子」と呼ばれ重宝されていたようです。

そして桃の花が咲くようになると、野や畑には蝶々がお目見えし、華麗な舞を楽しませてくれます。

ところで最近はあまり耳にしたり口にしたりすることが少なくなりましたが「彼岸入り」や「彼岸の中日」という言葉をご存知でしょうか。

春分の日と春分の日を挟んだ前後3日間、合計7日を彼岸と言いますが、3月17日が「彼岸入り」で、3月20日の春分の日は「彼岸の中日」と呼ばれます。そして3月23日(木)が「彼岸明け」です。

ちなみに仏教では様々な欲望や迷いがうずめくこの世が「此岸(しがん)」、悟りの境地を「彼岸」と言います。

彼岸が7日あるのは、日常生活の中に多々ある迷いや煩悩を振り払い、悟りを開き、極楽浄土の精神に近くなる為には修業が必要で、その期間が合計7日間必要であると言われています。

ではなぜお彼岸に墓参りするのでしょうか?

昔は先祖の霊が眠り、阿弥陀仏が住んでいる極楽浄土は西方にあると信じられていました。
極楽浄土は西に位置し、煩悩や迷いに満ちたこの世は東にあると信じられていたようですね。

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。
だから極楽浄土と一番近くなるので、墓参りをするのが一番ふさわしい日になると考えられたのでしょう。

また正月は神様が里帰りするので、神様をお迎えして、お持て成しをして、お見送りをする日です。

盆は仏様が里帰りする日で、仏様をお迎えして、お持て成しして、お見送りします。

それに対して「お彼岸」は、ご先祖様が眠むられているお墓に、こちらから出向いて行って、先祖の霊を供養し、感謝するとともに、近況報告する日です。
つまり墓参りの目的は供養とお願と感謝です。

神様(神道)・仏様(仏教)の国日本では最も大切にしたい年中行事です。
だから可能な限り家族みんなで墓参りをされる事をお勧めします。
家族や親族が共に墓参りすることで絆が深まります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1598《「お里が知れる」!?靴の脱ぎ方・揃え方のマナー》

最近ではあまり使われなくなりましたが、日本には「お里が知れる」という諺があります。どんなに繕いでも、「...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ