コラム

 公開日: 2017-03-15 

マナーうんちく話1426《臨機応変が大切!「視線」のマナー》

豪華な部屋に通されて部屋中をキョロキョロ見つめた記憶はありませんか?
人と会った時に、その人の顔をじろじろ見つめたことはいかがでしょう・・・。

ところで、ほとんどのビジネスマナーには、人と話をする際は「目を見て」と書いてあります。

どんなに相手を気遣っていても、丁寧な振舞いをしても、視線一つで相手に対する印象が大きく変わります。
視線は本当に大切だということです。
だから、どこを見て話せばいいのか?大いに迷うことも多々あります。

ポイントは目をきちんと見るべきか?
少しそらした方がいいのか?ですが、あまり神経質にならずに、目より少し下に視線を置けばたいていの場合はいいと思います。

但し目をそらすのは下にそらすのが基本です。
「上の空」という言葉が有りますが、視線を上にそらすと「何を考えているのか解らない」と判断されかねません。

それでは相手と視線を合わせない方がいいのでしょうか?
答えは「相手と場合によりけり」です。

日本の礼儀作法では「相手が上位になればなるほど、視線を落とすべきである」と説いています。

テレビや映画の時代劇を見れば解りますが、町民が殿様や奉行などに会う時にはひれ伏しており、面と顔を合わせていません。

そして「表をあげろ」と言われて、おずおずと顔をあげるシーンが有ります。
昔から目上の人の目を見ることには大きな抵抗が有ったわけですね。

しかし今や時代は大きく変わりグローバルな時代です。
ちなみに、人や物や金や情報が国を超えて行きかうことを「国際化」と表現しますが、それが地球規模で進んでいるのがグローバル化です。

こうなると異なった言葉や文化を持つ人と交流する機会が増え、英語の重要性が問われているわけですが、同時に「話し方」や「聞き方」も問われます。

日本人は視線を合わせるのは苦手でも、国際社会では大切なマナーです。
例えば握手をしながら頭をペコペコ下げるのは感心しません。
意図的に視線を外すことになるからです。

手を握ったら視線をきちんと合わせて下さい。
こうすることによりその存在を認め、心を通わせる第一歩になります。

加えてビジネスシーンや親しい友人の場合はできる限り顔を見て、視線を合わせ、話をすることをお勧めします。
特に「ありがとう」の言葉を発するような時には、キチンと「相手の目を見て」がポイントです。

但し前述したように、日本人同士で有れば目を合わされるのが苦手な人もいます。相手が不快感を示しているようであれば目をそらして下さいね。

要するに相手により目線を合わすか、すこしそらすか、相手と対面している時には視線づくりを臨機応変にすることが理想です。

注意を受けている時等も、本当に申し訳ないという気持ちを表す意味においても、うつむいた状態の方がいいかも。

最後に目を合わすのが苦手でも、相手とキチンと向かい合うことは大切にして下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ