コラム

 公開日: 2017-02-13 

マナーうんちく話1406《バレンタインデー、「義理チョコ」はどうして生まれたの?》

突然ですが「義理チョコ」の存在をどう思いますか?

バレンタインデー商戦がピークを迎えました。
今やバレンタインデーは節分の「恵方巻」と共に2月のビッグイベントになりましたが、「義理チョコ」で複雑な思いをされている人も少なくありません。

ちなみにバレンタインデーは、3世紀のローマで「2月14日に殉職したバレンタインという名前の司祭に由来する記念日」だと認識頂ければ良いでしょう。

当時の国王が富国強兵策の一環として、若い兵士が恋愛すると士気に関わるのでこれを禁じました。この事をかわいそうに思ったバレンタイン司祭は密かに若者の恋愛を応援しましたが、これが国王に知れ処刑されるわけです。

その後バレンタイン司祭は広く大衆から、「愛の守護神」として慕われるようになったそうです。

チョコレートを贈る習慣はイギリスから19世紀に発信されたと言われていますが、日本では女性から男性に贈るという独特の習慣が産まれました。

そして今や幅広い層に受け、これに業者の巧みな営業戦略が加味され、年々派手になっているのはご承知の通りです。

恋愛に縁のない人でも自分への「ご褒美チョコレート」など様々なスタイルが有りますが、依然根強く残っているのが「義理チョコ」ではないでしょうか。

バレンタインデーのチョコレートは、もともと1960年代から恋する若者の間で普及し始めた習慣ですが、それがなぜ職場にまで義理チョコとしてひろまったのか不思議な気がしませんか?

そこで平松流にその原因をひも解いてみました。
参考にして頂ければ嬉しいです。

もともと日本では贈り物をしたりされたりする習慣は古くから存在し、世界屈指の「贈答文化」を築いている国です。
恐らく中元やお歳暮のように「祖霊信仰」とも深い関わりがあると思います。

さらに江戸時代から商人や武士の間でも、贈り物をしたり、返礼を施したりする文化が産まれています。
時代劇に登場する悪徳商人と悪代官の癒着もあったのでしょうか・・・。

このような慣習が明治維新以後にも、官公庁や企業の中で脈々と生きてきたのではと推測します。

そして近年女性の社会進出が高まって来て、「キャリアウーマン」という言葉も産まれました。

家庭だけの世界で有れば、女性は贈答に触れる機会はあまり考える必要はありませんが、社会に出て仕事人間になれば、自然に贈答にも心しなければならなくなります。

義理チョコが生まれた背景がなんとなく理解できますが、これに売る側の巧みな戦略が功を奏したと思います。

義理チョコが普及すれば、当然返礼としての「ホワイトデー」の発生も頷けます。

本来日本は婚礼や葬儀等の返礼の習慣が根強く残る国ですから、義理チョコを頂いた男性も「お返し」が必要になります。
そこに売る側が目をつけるのは当然のいきさつでしょう。

義理チョコを廃止する企業も増えているようですが、職場の習慣として残っている職場も多々あります。私も毎年色々と頂きます。

従来の長時間労働を反省し、より心豊かなライフスタイルを求めて、今働き方が大きく変化しようとしていますが、習慣に逆らうには勇気がいります。

義理チョコもいい点も有れば、そうでない点もあります。
誰もが納得する解決策を職場単位で練るのがベターではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ