コラム

 公開日: 2017-01-12 

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?

農林水産省の調べでは約88650店に上るそうです。
多くの国で、健康志向を背景に大幅に伸びているそうですが、ユネスコの無形文化遺産への登録も功を奏したようです。
加えて、訪日外国人旅行客の増加で、日本食への関心が高まっているとか・・・。

世界中の人々から和食が愛されるのは誠に嬉しいことですが、では本家本元の日本では如何でしょうか?

年中行事との関わりや箸や器に込められた和食の精神文化も薄れ、さらに食べ方もお世辞にもいいとは言えないのではないでしょうか。

前にも触れました「コケッココ(鶏)症候群」を始め、和食のマナーも褒められたものではないようですね。

箸を正しく持てる人が少なくなりましたが、箸と器の持ち方になると正しく扱える人が圧倒的に少ないのが現状だと痛感します。

加えて「食品ロス」が多いのも考えモノです。
だから「飽食の国」と言われるわけです。

食べ物は命に直結する非常に神聖なものですが、本来なら食べられる食品が大量に廃棄されるのは、飢餓で苦しんでいる何億人もの人にとって甚だ失礼な話ではないでしょうか。
「カラスの勝手では済まない」と思うのですが・・・。

家庭や施設や飲食店での食べ残し、コンビニやスーパーなどの販売店での売れ残り、さらに期限切れ在庫などの食品ロスを減少させる大掛かりな取り組みが必要と考えます。

企業と家庭双方での取り組みが必要でしょうが、特に食品ロスの中で大きなウエイトを占める家庭での廃棄には、日頃から家族みんなで関心を持つことが大切です。

一人ひとりが意識を高めることが必要不可欠でしょう。
また敏感すぎる鮮度志向も改めた方がいいような気がします。

「賞味期限」と「消費期限」の違いも正しく理解するとともに、自分自身の目や口や鼻で鮮度を確認できることも大切でしょう。

今年の干支は「ニワトリ」ですが、鶏はもともと東南アジアで飼育され弥生時代には日本に伝わったそうです。普段はあまり意識することはありませんが日本人とは非常になじみの深い鳥です。

時を告げ、美しい羽や尾や鶏冠で多くの人を楽しませてくれる存在だったわけですが、それが「コケッココ(鶏)症候群」と不名誉な名前が付くようではよろしくありません。

孤食・個食・濃食・固食を見直すとともに、なるべく食べ残しをしないように注意したいものですね。
一番のお勧めは和食のテーブルマナーを正しく身につけることです。

今年は美しい食べ方を心掛けられたら如何でしょうか。
色々な意味において人生が好転すると思います・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ