コラム

 公開日: 2016-10-19 

マナーうんちく話1336《「孤食」から「共食」のお勧め》

孤食の弊害は子どものみではありません。
高齢者もしかりです。

現在の日本では、若者が長い人生において結婚を視野に入れない生き方、つまり「非婚化現象」も増加傾向にあるようです。

加えて年々高齢化は進行しており、今の日本は高齢化率が21%を超える「超高齢社会」です。そして超高齢社会は「独居高齢者」が多くなることです。

これに核家族化も同時に進展しているわけですから、理屈から言えば益々「孤食」は増えます。

時代の流れと共に「食の在り方」も当然変わってくるのはいたしかたないことです。しかし時代がいくら変化しても、今の日本では「家族で食卓を囲む喜び」が消えてなくなることは、まずあり得ないでしょう。

日本人は昔から家族や親族を中心に絆を作ってきたわけですが、家族に代わる集団単位を、いまだに確立していないからです。

また、古今東西料理を作る楽しみは普遍的だと思います。

腕によりをかけて作った料理を、喜んで食べてくれる人がいることは最高に嬉しいことでもあり、幸せなことでもあり、それが生きがいに繋がることも珍しくありません。

男女共同参画社会が叫ばれ、家事の分担が珍しく無くなりましたが、女性も男性も、この点をしっかり認識して頂きたいと思うわけです。

そして昔の食事のスタイルは非常に質素でしたが食卓には温かい空気が漂っていたようですね。

大正時代の「箱膳」、昭和の初めから昭和50年くらいまでの「ちゃぶ台」、そして「ダイニングスタイル」と食卓が変遷しますが、いずれの時代も共食です。

それにより家族のきずなを深めるわけですが、それが今のように、様々な理由でできないとなれば新たな食の在り方を模索しなければいけません。

一人用の「鍋セット」やパック商品がちまたには氾濫し、便利になっていますが、あくまでメーカー側の売上向上戦略で、幸せをイメージできるものではないと思います。

一人だけだと、いくら便利でも、会話が無く咀嚼回数も減ります。
咀嚼回数が減少すれば身体にいいわけありません。
孤独感も味わいます。

出来る限り、気の合う人や、仲間内で共に食事をとることをお勧めします。

その点社員食堂や給食はありがたい存在ですが、夕食もできる限り共に出来る人を作ることもお勧めです。
そのためには日頃からより良い人間関係を築くことも大切でしょう。

共食で人間関係を深めるか、人間関係を確立して共食にするか、鶏と卵のようですが、いずれもとても大切です。
特に日頃一人での食事が多い人は「共食」の大切さを思い浮かべて頂きたいと思います。

「共に食事をする」ことは、相手とより親密になることと、相手をより理解することです。

会話も進み、咀嚼回数も大幅に増えます。
心が通うという大きな効果もあります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1468《大切にしたい「言葉のお洒落」と「敬語」①》

日本は国土の7割以上を山で覆われていますが、「山笑う頃」から「山滴る頃」は緑のグラデーションが一番美しい時...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1467《マナーに存在する原則と例外》

日本には世界屈指の年中行事が有ると言われていますが、地域により様々です。慶事や弔事のしきたりもそうでしょ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1466《農の心を大切に!5月21日は二十四節気のひとつ「小満」》

気温が上がり一段と緑が濃くなってきました。5月21日は二十四節気のひとつ「小満」です。二十四節気の中...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1465《大切にしたい「その場の空気を読んだ」立ち居振る舞い》

大人として「してはいけない振る舞い」、「すべきではない振る舞い」は多々あります。特に女性は・・・。しか...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1464《賢い休養のお勧め》

四季が明確に分かれて、それがゆっくり移り変わる日本では吹く風にも豊かな感性を働かせました。丁度今頃に吹...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ