コラム

 公開日: 2016-10-18 

マナーうんちく話1335《「孤食」はなぜいけないの?》

「食は命なり」「幸福は口福から」等と言われますが、日常生活にとって「食べる」という行為は命に直接かかわることで、なにをさしおいても優先されるべきものだと思います。

育ち盛りの子ども達も、働き盛りの大人も、高齢期に差し掛かっている人達全ての人にとって、その重要性はますます高まっています。

日本は終戦直後の1945年頃は平均寿命が先進国で最下位だったようですが、それから半世紀を経過した頃には世界屈指の長寿の国になり、現在女性の平均寿命は87歳、男性は80歳になりました。

世界に誇れる数字ですが、国連が推奨している「健康寿命」、つまり自立して生活できる期間とは大きなギャップが有ります。
生活習慣病の人がいかに多いかということですね。

既にこのコラムでも触れましたが、老若男女全てが《You are what you eat》の諺を認識する必要があります。「今日食べたものが明日の貴方を作る」という意味で、食べ物や食べ方の大切さを説いています。

ところで、「食」については今まで色々と触れてきましたが、今回は比較的家庭や職場で陥りやすい「孤食」について触れておきますので参考にして下さい。

「孤食」とは一人で食事をすることです。
自由きままに、ゆったりとくつろいだ気分で、自分流に楽しく食事が出来るスタイルではありません。これはこれで素晴らしいことだと思います。

しかし2000年頃から現れた言葉ですが、単に一人で食べるというより、それにより「孤独を感じる」、あるいは「寂しい、辛いと感じる」食事の在り方を「孤食」と表現するようになりました。

そして生活スタイルや家族形態の変化により、「孤食」には様々な年代の人が陥っています。

「子どもの孤食」は食育の分野でも大きな課題になっていますが、家族一緒ではなく、誰もいないテーブルの上に食事が置いてあり、それを一人で食べるというものです。

家族や親のそれぞれの事情があるので、ある程度避けられないかもしれませんが、この状態での食事だと「自分スタイルの食事」になってしまいます。たとえば箸の持ち方や、食べ方、姿勢なども自己流になるのが気になります。
加えてコミュニケーション能力が欠如する恐れが大きいと感じます。

これらは目先の算数や国語の点数に影響が出ることはあまりないので、親も認識できないかもしれませんね。

しかし社会人になる時、あるいは、なった時には非常に大きな影響が出て来ると考えます。長い間学生の就職支援や若者や中高年の再就職支援に関わっていますが、痛切に感じます。

「高齢者の孤食」も由々しき事態です。
食生活が贅沢になったせいでしょうか、現代は柔らかいものが好まれるようになっています。

たとえばステーキなどでも「柔らかい=美味しい」という構図になっていますが、一人で会話もなく、柔らかい物を食べる食事だと咀嚼回数が非常に少なくなり、舌の筋肉が衰えます。こうなると認知症の危険度も増してくるということにもなりかねません。

ではどうするか?
次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ