コラム

 公開日: 2011-02-04  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話43≪交際中の人とより親密になる方法≫


マナーうんちく話43《交際相手とより親密になる秘訣》

2月4日は二十四節季の一つ「立春」。
暦通りに、春の訪れが感じられる穏やかな日になりました。

《マナーうんちく話41》からの続きです。
交際を重ねるごとに、一緒にいてハッピーを感じるようになってきたら、「結婚」を意識するようになりますね。なんとなく幸せな気分になります。
まさに春が来た感じでしょうか。
この思いはくれぐれも大切にして下さいね。
次第に相手のことも考えるようになってきます。「恋」から「愛」へ進展する頃は喧嘩もしばしば経験されると思います。これでいいと思います。

○ここで大切なことは、「相手の存在に感謝の心を持つ」ことです。
マナーの大前提は「感謝の心」です。
そして共に過ごす時には思い切り、楽しそうに、嬉しそうにふるまって下さい。
「ありがとう」の言葉を連発して下さい。

出会う前に交わした「釣り書」は、二人が釣り合うか否かを調べるためのものという説明をしましたが、この時点では、自分が提供できるものと、相手から受けるものが釣り合っているか否かは全く関係有りません。
ビジネスではないので、素直に相手の好意を受け取ることが大切ですね。

○二人の絆をより強くするには、兎に角、「共有できる時間」をなるべくたくさん取って下さい。しばらくは優先順位を二人の共有する時間においていただくことをお勧めします。
時間が取れない場合は、電話やメールで連絡を取り合いされると思います。
自分のことと要件と共に、「相手を思いやる具体的な言葉」を添えて下さい。
明瞭・簡潔ではなく、なるべく長文の方がいいでしょう。

○相手を信頼出来るようになれば、苦楽を共にすることができるので、今度は「二人流の将来ビジョン」を作ることをお勧めします。
結婚におけるプロセスを話し合うことも大切ですが、一緒になってからのハッピーなライフスタイルを語り合うことは実に素晴らしいことです。販売のテクニックでも理屈は同じです。

共有のビジョンや夢があるということは大変素晴らしいことです。一人では実現できないことも二人力を合わすと叶う夢だってあります。勿論、節目、節目で必要に応じて変更もできます。
まさに、結婚は人生における最大級の「生きがい」ですね。

「人を愛することで自分も幸せを感じる」ようになればこんな素晴らしいことはないと思います。
勿論幸せの形は10人10色ですが、物質的幸せでは得られない、大変質の高い幸せのスタイルではないでしょうか。

わたしはこのことを、結婚式を担当した実に多くのカップルから教えていただきました。(だからこのコラムを書いております。)
こうなってくると本気で相手の幸せのことを考えるようになります。
結婚披露宴で耳にたこができるくらい聞いた言葉ですが、「二人だと悲しみは半分になり、喜びは倍になる」。この言葉本当です。

○そして、「相手を信ずる」ことです。
信ずることができれば、一緒にいてより楽しいし、第一安心です。
ここでよく問題になるのですが、相手を頭から信用して、相手に大金を貸した揚句に、結婚詐欺にあったということです。小説やテレビの世界だけではありません。現実にありえることです。皆が皆被害届を出さないのでどれくらいかは解りませんが。私もよく耳にしました。

ここで大切なことをお話ししておきます。
相手を信用するということは、できないことを無理してするということではありません。例えば、結婚を意識した相手から、{事業が不振なので500万円貸してほしい}と頼まれた場合どうしますか?

500万円は普通の人にとっては大金です。都合できない人の方が多いですよね。そしたら、無理をしてお金を用立てるのではなく、はっきり、できないと言う勇気を持つことです。
このことで二人の関係にひびが入れば、あきらめることも必要だと思います。
もちろん、ケースバイケースですが・・・

○「会話を増やし、楽しいことを共有する」ことも大切です。
これは前にも述べましたが、共有する時間を多く作ることが前提になります。
互いに相手の情報をより欲している時だから特に必要です。

○「男と女の心理は異なることを前もって理解しておく」ことも必要です。
つまり、人生における優先順位や価値観は男女間で違いがあるということです。
従って男女間で相手に対し希望することは異なります。
当然それぞれのカップルにより千差万別ですが、共通点も多くあります。
一例を挙げておきますので参考にして下さい。

★男性が女性に希望すること。
・何時までも「綺麗でいてほしい」ということです。キレイの好みは実に様々ですが。自分を魅力的に魅せるファッションセンスやお化粧の技術を身につけることは大切だと思います。
最近は美に関する情報は氾濫するほどあります。自信のない方はメイク、ファッション等その道のプロの方に相談されることをお勧めします。約1000人の花嫁と接していつも感心していましたが、お化粧の仕方で美人度大きく異なりますね。プロの方はすごいです。

・男性を「褒めて下さい」。男は案外プライドが高いです。だから逆に批判されると気分を害します。「豚もおだてりゃ木に登る」には一理あります。

・「優しく接して下さい」。
彼女の優しさに惚れた男性、意外に多いかったですね。家事も喜ばれます。


★女性が男性に希望すること
・なんだかんだと言っても愛だけでは生活できません。「経済的基盤」をしっかり持って下さい。つまり仕事ですね。
男性が女性の美しさにひかれ、女性が男性の経済力(仕事・社会的義務)にひかれて結婚したカップル、多いです。

・経済力に次いで多いかったのが「誠実さ」ですね。誠実さは、何よりも女性に安心感を与えます。信頼関係を築くには必要不可欠ですね。
私は個人的には、結婚相手として男性をみる時は「誠実さ」を大切にします。

・愛情表現を言葉と態度でキチンと表現して下さい。思っているだけではダメです。ポイントは恥ずかしがらずに、です。レディーファーストもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ