コラム

 公開日: 2016-10-15 

マナーうんちく話1334《グルメの秋!世界共通のテーブルマナーとは?》

食料自給率が39%で、先進国では最低ラインの日本が「飽食の国」「美食の国」と言われて久しいですが、特に日本の秋は美味しいものが勢ぞろいします。
国際化の進展で様々な国の料理も楽しめます。

そして「食欲の秋」はグルメに関するイベントも毎年盛大に開催されていますが、いずれも一過性のものが多いようですね。

加えて美味しい料理を、賢く、楽しく、美しく食べるような催しは少ないような気がしてなりません。

古今東西「食は命なり」と言われるように、よりよく生きるには食事の在り方が大変大切なわけですが、日本ではないがしろにされているところが多いような気がします。
食べることよりもっと大切なものが多いということでしょうか?

また、日本人は食の安心・安全には大変敏感ですが、賢く、楽しく、美しく食べるということに関しては、お世辞にも上手だとは思えませんが如何でしょうか・・・。

こんな中、「食育を視野に入れたテーブルマナー」の依頼が益々増えてきています。学校、地域の団体、病院、施設、公民館、各種団体、企業等など・・・。
そして、食事を伴うものも有れば、講演だけというスタイルもあり、内容や時間は様々です。

いずれにせよ、得られる効果は本当に大きいと思います。

なぜなら、どこの国でも生きることは食べることですから、食べ方が良くなれば生き方も良くなるからです。

そして和食にせよ、洋食にせよ食べ方の作法を覚えて頂くのも大切ですが、「テーブルマナーの意義」を正しく理解して頂くことが先決です。

食べたり飲んだりすることは、人が人として生きていくために毎日繰り返される必要不可欠な行為です。

動物と異なり、人が食べる時には、調理されたものを、道具を使用して食べます。一人で食べる時も有れば、集団で食べる時もありますが、そのシーンを心地良く、楽しく、品格のあるものにするために、先人が長い時間かけて築きあげたのがテーブルマナーです。

ただし一言でテーブルマナーと言っても、国々の食習慣、使用する道具、気候風土、国民性、文化、歴史、宗教等により大きく異なります。

大切なことは不必要に形式にこだわるより「なぜそうするのか?」という合理的な理由を正しく理解する点です。
ここにテーブルマナーを身に付けて頂く意義があります。

古今東西万国共通のテーブルマナーの基本は次のように纏められると思います。

○食べ物を育んでくれた自然への感謝
○食材への感謝
○料理を作ってくれた人への感謝
○料理をサービスしてくれた人への感謝
○美味しく、楽しくいただく
○同席者に好感を与える

様々な作法に気を使うより、先ずは感謝と周囲への配慮ということです。

これらのことを認識して頂ければ、本当の意味において「グルメの秋」をより楽しめると思います。出来ることから実践して下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

マナーうんちく話1671《厳格に執り行われた?武家社会の結納と婚儀》

日本は四季に恵まれ農耕文化で栄えた国で、自然との共生も大切にしましたが、意外に昔から恋愛や結婚にはおおらか...

[ 結婚のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ