コラム

 公開日: 2016-10-06 

マナーうんちく話1327《日本人の絆づくりの原点になった「秋祭り」の意義》

新しい娯楽が沢山存在する今では、かなり簡素になりましたが、昔は「秋祭り」といえば、長い期間をかけ準備をして、ご馳走をいっぱい作り、祭りの日を迎えたものです。

海の幸、山の幸を沢山お供えして神事を執り行い、余興を盛大に行うわけです。だからこの日は、学校が午前中だけになったような記憶があります。

加えて、祭りの日に着る服も新しい物を用意したりしました。
いわゆる「晴れ着」です。

このようにして地域の人と人がつながりを深め、共同生活の基盤が強化されていくわけです。

普段は個々に自由な生活を謳歌していても、いざ「祭り」と言えば、付き合いのない人でも何か役割を与えられたりして、地域住民との交流を深め、大人も子供もイベントを一緒に楽しむのが、日本の秋祭りの大きな意義だと言えるかもしれませんね。

「秋深し隣は何をする人ぞ」ではないですが、今では「向う3軒両隣」の機能が失われています。それどころか隣に住んでいる人の顔も名前も知らないというのが珍しくありません。
これでは「孤独死」という言葉が生まれるのも無理はありませんね。

しかし、今回の台風もそうですが、雨や雪や風の被害は年々想定外と言われる位、今まで経験したこともないくらい大きくなっています。
いつ、どこで発生してもおかしくない状況です。
超高齢化も進展し「一人暮らしの高齢者」も増え続けています。

だから今こそ、家族や地域や職場等の「きずな作り」を真剣に考えなくてはいけないと思うのですが・・・。

日本人のきずな作りは、日本人が築きあげた前例に倣うのが一番だと思います。

そんな中、「秋祭り」という地域のコミュニティーを復活させ、横の絆を結び、暮らしの基盤を整えることで、トラブルや防災など、何かあった時に非常に役に立つのだと考えます。

日本全国に有名な祭りは沢山あり、毎年多くの見物者で賑わっています。
見物もいいですが、できたら祭りを行う当事者になり、力を合わせるのもおすすめです。

おみこしを担ぐ時に「ワッショイ」と掛け声を発しますが、「ワ」は「和」、「ショイ」は「背負う」、つまり「ワッショイ=和を背負う」とも言われます。

加えて、秋祭りが収穫に対する感謝の意味を含んでいる以上、食べ物に対する感謝の気持ちを添えたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1687《「包装」に込められた相手を尊ぶ日本人の心意気》

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1686《神様への感謝とお願い!日本の贈答の起源》

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1685《時の記念日と時間泥棒》

梅雨に入り蛍が飛び交う頃になりました。蛍は成虫になるまでかなりの時間を要しますが、成虫になるとほとんど水...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ