コラム

 公開日: 2016-09-26 

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。

訪問先で部屋に案内され、改めて挨拶をしたら手土産を渡して着席するわけですが、ここでお茶を出された場合の好感の持たれる対応に触れておきます。

「直ぐに頂く」か?
あるいは、「少し間を置いた方がいいの」か?がポイントになります。

基本的にはお持て成しをする側は、客人に一番おいしい状態で飲み物を出してくれますので、出されたらすぐに頂くのがお勧めです。

「熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうち」が基本です。

頂き方ですが、先ずは「ありがとうございます」の一言が大切です。
茶菓などを出してくれたことに対してのお礼です。

次に「いただきます」といって、最初はとりあえず一口だけ口をつけて下さいね。これが大事だと考えます。

後は「飲み干してしまうか?」、あるいは「少し残すか?」ですが、自分の状態に応じればいいと思います。
但し、席を立つまでには飲み干す方がいいでしょう。

たとえば席を立つ時のグラスや湯飲みに飲み物が残っておれば、この時点で全て飲み干し「ご馳走様でした」のお礼の言葉が必要です。
このお礼の言葉をお忘れなく。

持て成しをする側は、客人が、自分が出したお茶を美味しそうに飲んでくれることが何よりうれしいわけですから、出来れば「美味しそうに飲んで、飲み終えたら、「美味しいお茶ですね」等の感想があれば、なおいいです。

場数を踏んで、お持て成しを受けることになれれば、ゆとりが生じて、自然にこのような言葉が出て来るようになるでしょう。

また、飲み物と共に菓子が出される場合もありますが、これも遠慮なくいただいて下さい。どうしても口に合わないようでしたら理由をキチンと述べればいいでしょう。

さらに商用などの時には、上司の行動にも注意して下さいね。
上司が先に頂いて、自分もいただきます。

待合室でお茶を出されたら「ありがとうございます」「いただきます」と述べて、係の人が部屋から出たら口を付ければいいでしょう。

時として飲み物をリクエストされる場合もあります。
たとえば「紅茶」か?「コーヒー」か?と聞かれたら、自分の好みを素直に述べればいいと思います。

「恐れ入ります。それではコーヒーをお願い致します」のように答えればいいでしょう。
この時に、「どちらでもいいです」では、出す方も困ります。

しかし大勢の場合は、できる限り統一した方がいいかもしれません。
あくまで臨機応変にして下さい。

纏めです。
「訪問先で茶菓を出されたらすぐに頂く」が基本で、その際「ありがとうございます」「頂きます」「美味しかった」の言葉を添えて、「美味しそうに頂く」を心掛けて下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1498《介護や看護に携わる人に心がけて頂きたいセルフケア②》

第2章【他者のケアから「セルフケア」へ。セルフケアの重要性とそのスキル】接客や接遇、あるいは看護や介護...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1497《介護・看護に携わる人に心がけて頂きたいセルフケア①》

第1章【再認識して頂きたいセルフケアの重要性】最近介護施設・病院・公的機関等から接遇に関するマナー研修...

[ 接客・接遇マナー ]

マナーうんちく話1496《伝統ある「和の礼儀作法」でエレガンスを醸し出そう②》

思いやりの心を具体的に発揮する和の礼儀作法は人間形成に大変お勧めですが、その理由は、和の礼儀作法に精通する...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1495《伝統ある「和の礼儀作法」でエレガンスを醸し出そう①》

ホテルに入社したての頃はフランス料理のレストラン勤務でしたから、西洋料理のマナーや「プロトコール」を主に学...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1494《お洒落は誰のためにするの?》

日本は南北に細長いせいか、同じ梅雨でも恵みの雨になるか、禍になるかは地域により大きく異なるということを思い...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ